八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発 x 大規模商業施設


八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発には百貨店をはじめ既存の大規模商業施設とのつながりが欠かせない。今後再開発自体にもどんな商業施設が具体的に入るのか注目される。

八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発域内の既存大規模商業施設

ブログ内「八重洲~日本橋・茅場町周辺再開発タイムスケジュール」では主に2021年から2027年、さらにはその先に竣工予定の再開発をリストアップしている。各再開発を整理していると常に意識するのが大規模商業施設の存在だ。以下のような既存の施設に加えて、今後再開発自体にどんな商業施設が具体的に入るのか注目される。
 
大規模商業施設の最たるものが東京駅自体だが、中でも駅構内外に渡り、2020年8月に拡張されたグランスタ東京と全くタイプの異なるタイプの八重洲地下街が代表的だ。特に八重洲地下街はブログ内「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 三井不動産」ともつながり、八重洲地下街(株)の主要株主には大丸の持株会社であるJ.フロントリテイリングと並んでヤンマーやその創業家が連なっている。
 
<百貨店>

日本橋三越
日本橋三越を新館側から撮影

<コレド日本橋、コレド室町>

永代通り沿い、左側が東京日本橋タワーで、右側がコレド日本橋。写真中央に建設中の常磐橋タワーが見える。
手前の中央通り沿いに沿ってコレド室町1で奥が2
コレド室町3。永代通り沿いから撮影
コレド室町テラス
 
<その他>

 
 

丸の内・銀座の主要大規模商業施設

 

 

2020年10月23日(金)~12月23日(水)、日本橋図書館では「中央区の百貨店の歴史」展が開催されている。添付HPによると、「日本橋三越を始めとして、銀座三越、日本橋高島屋、松屋銀座、銀座松坂屋(現在のGINZASIX)、白木屋(現在のコレド日本橋)といった百貨店のそれぞれ始まりは、江戸、明治、大正、昭和と違いますが、各時代の求めに合わせて業態や店舗のつくりなどを変化させながら、明治維新、関東大震災、太平洋戦争、オイルショック、バブル崩壊、リーマンショックといった歴史的難局を乗り越えて現在に至っています。」といった非常に興味深い内容になっている。