八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発x橋(1)川に架かる橋


八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発を整理していると、今でも川に架かる一部の橋と、川が既に埋め立てられ地名として残る多数の橋に遭遇し、自然とそれらの歴史に思いをはせることになる。

八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発x川に架かる橋

ブログ内「八重洲~日本橋・茅場町周辺再開発タイムスケジュール」では主に2021年から2027年、さらにはその先に竣工予定の再開発をリストアップしている。各再開発を整理していると多くの橋に遭遇する。その中には現在でも実際に川に架かる橋と、既に川は埋め立てられ地名のみ残る橋がある。
 
まず、該当地域で最も重要な川となる日本橋川と、流入する隅田川と亀島川に架かる橋を写真中心に整理する。詳細はそれぞれ添付HPに譲る。
 
 

日本橋川に架かる橋

三井不動産が推進する初の川沿い再開発事業となるブログ内「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発 三井不動産 日本橋再生計画」がスタートし「首都高速道路日本橋区間地下化事業」に伴って「豊かな水辺の再生」へ繋がることになる。

ブログ内「八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発x日本橋の首都高地下化工事スタート」は既に工事に着手している。以下の図にあるように、首都高が地下化される神田ジャンクションから鎧橋までの1.8㎞のうち、新常盤橋のあたりから江戸橋ジャンクションあたりの約1.2㎞が地下化されることになる。

 
 
まず、上図の左側のブログ内「TOKYO TORCH Torch Tower トーチタワー 三菱地所」、ブログ内「TOKYO TORCH 常盤橋タワー 三菱地所」近くにある3つの橋がある。東京駅から見て手前から常盤橋、常磐橋、新常盤橋となる。
 
  • 新常盤橋
常盤橋公園の北側を中央区側に抜ける江戸通りの橋だ。大正9(1920)年に路面電車の開通に合わせて架けられ、現在の橋は昭和63(1988)年に東北新幹線の高架建設に合わせて架け替えられた。
 

ブログ内「「八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発x日本橋の首都高地下化工事スタート」(地下化計画が2035年で現在の首都高撤廃が2040年)の地下化されるのはこのあたりから。

 
手前が東京駅側。
 
3つの橋の中央に架かる常磐橋は、江戸時代には江戸城の五口の一つである常磐橋門の前に架かり、日光街道・奥州街道につながる要路だった。架橋は1590年ともいわれ、両国橋が架かるまでは江戸一の大橋だったそうだ。現在の常磐橋は、明治10(1877)年に架けられた石造2連アーチ橋だ。常盤橋公園から架かっている。常盤橋は東京メトロ半蔵門線の上を走り、外堀通りと交差する。
 

常盤橋
常盤橋から常磐橋を撮影。
常磐橋

八重洲から外堀通りを走り、日本銀行のあるに日本橋本石町に通ずる。
一石橋から西河岸橋の間では、「八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」が、西河岸橋から日本橋の間では詳細不明だが「日本橋一丁目1、2街区再開発」が計画されている。
 
 
 
一石橋から西河岸橋方面を撮影。
 
日本銀行本店
 
八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業。一石橋から西河岸橋の間。

  • 西河岸橋
西河岸橋は日本橋から一石橋までの日本橋川右岸地域が西河岸町という地名であったことから名づけられた。八重洲仲通りを走り、日本橋三越の裏側に通じる。
 
中央通りが走り、日本橋1丁目から日本橋三越や日本橋三井タワー、コレド室町などが立ち並ぶ日本橋室町1~2丁目を結ぶ。徳川家康の全国道路網整備計画により、初代の木造の橋が1603年に架けられた。
 
日本橋1丁目側ではブログ内「日本橋本町一丁目再開発 三井不動産」が、対岸の日本橋室町1丁目側では、関東大震災(1923年)後に築地に移転するまでの日本橋魚河岸跡も含むブログ内「日本橋室町一丁目再開発 三井不動産」が計画されている。
 
 
日本橋の向こうには日本橋三越が見える。
左側が日本橋魚河岸跡。手前の日本橋から先の江戸橋の間。
本橋魚河岸跡
 
 
 
  • 江戸橋
日本橋1丁目から日本橋本町1丁目へ昭和通りが走る。近くでは詳細は不明だが、「日本橋一丁目東地区再開発」が計画されている。
 
ブログ内「「八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発x日本橋の首都高地下化工事スタート」(地下化計画が2035年で現在の首都高撤廃が2040年)の地下化されるのはこのあたりから少し右側(兜町方面)にいったところまで。地上も含めての事業化自体は後述する鎧橋のあたりまでだ。
昭和通りに架かる歩道橋から江戸橋を撮影。
昭和通り沿いには三井倉庫本社と日本橋郵便局が並ぶ。
ブログ内「Kabuto One 茅場町駅直結 平和不動産」で取り上げた東京証券取引所にほぼ隣接し、日本橋兜町・茅場町と日本橋小網町を結び、平成通りを走る。
 
 
 
 
歌川広重の「鎧の渡し小網町」(名所江戸百景)
図1
 
 
日本橋茅場町から日本橋小網町に渡る、新大橋通りを走る橋。橋名の由来は、地名の茅場町から付けられた。橋の欄干の中央には、川を渡る舟の様子を描いたデザインが施されている。
 
茅場橋から鎧橋を撮影。東京証券取引所が見える。

 
  • 湊橋
新川から日本橋箱崎町を結ぶ橋。日本橋川の下流域は「江戸湊」と呼ばれ、全国からの物流拠点だった。その江戸湊に由来して、橋の名前が付けられている。
 
 
梯子を横倒にしたような外観をもつ、フィレンデール橋と呼ばれる全国でも珍しいデザインで、日本橋川が隅田川に流入する河口部に架かる。
 
さらに、2020年11月14日(土)、「八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発x有吉くんの正直さんぽ」に登場したスパ セイロン 日本橋店は永代通り沿いの茅場町タワーという旧山一証券の本社があったビルにある。隅田川を渡る永代橋の手前左側にあり、同ブログ内の日本橋川を渡る豊海橋と隣接している。
 

 
 
 
 
 
 

隅田川に架かる橋

隅田川はブログ内「八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発 x 主要道路  x 新川から隅田川へ」で八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発で欠かせない八重洲通り・永代通り・鍜治橋通りが新川を経て隅田川に通じている(鍜治橋通りは新川内で永代通りに合流)点を取り上げた。従って、八重洲通りが佃へと渡る中央大橋と永代通りが江東区へと渡る永代橋が関連する。
 
隅田川がパリを流れるセーヌ川と姉妹関係を結んでいることもあり、フランスのデザイン会社に設計されている。さらに、中央橋脚部分には1992年10月27日、当時のパリ市長、ジャック・シラクから東京都に友好の印として寄贈された20世紀を代表する前衛彫刻家、オシップ・ザッキン(Ossip Zadkine)作の彫刻『メッセンジャー』(“messenger”)が配されている。
左側が新川で、右側が佃。
 
新川側の八重洲通りから中央大橋、佃方面を撮影。
中央大橋の彫刻『メッセンジャー』(“messenger”)近くから隅田川と隅田川テラス、新川公園を撮影。
現在の永代橋は関東大震災後の帝都復興事業として1926年(大正15年)に竣工した。2007年には同じく隅田川に架かる勝鬨橋と清州橋とともに国の重要文化財に指定されている。地下には東京メトロ東西線が通っている。
 
初代の永代橋は現在の新川からではなく、箱崎から隅田川に架かっていた。1702(元禄15)年12月、赤穂浪士の吉良上野介屋敷(現・墨田区両国3丁目本所松坂町公園周辺)への討ち入りでは、討ち入り後に上野介の首を掲げて永代橋を渡り、泉岳寺へ向ったという逸話が残されている。
 
豊海橋のところでも書いたが、2020年11月14日(土)、「八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発x有吉くんの正直さんぽ」に登場したスパ セイロン 日本橋店は永代通り沿いの茅場町タワーという旧山一証券の本社があったビルにある。隅田川を渡る永代橋の手前左側にあり、同ブログ内の日本橋川を渡る豊海橋と隣接している。
 
永代橋。手前が新川で橋の先が江東区永代と佐賀。
 
豊海橋を渡って日本橋箱崎町から見る永代橋。左側が江東区で、右側が新川。

歌川広重の「永代橋深川新地」(東都名所)。右上の佃島の上に富士が描かれている。江戸時代の永代橋は、現在の架橋位置から100mほど上流にあった。永代橋は多くの浮世絵に描かれている。

亀島川に架かる橋

  • 霊岸橋
    亀島川が日本橋川から分かれると 直ぐに日本橋水門があり 霊岸橋はその水門に近い下流にあって 亀島川に架かる1番目の橋 で1985年に完成した。永代通りが走り、新川1丁目と日本橋茅場町1丁目を結んでいる。

    日本橋水門は 霊岸橋に大変近い上流側にあって 亀島川河口にある亀島川水門と共に 新川地区が水害に遭わないようにする役割を担っている。

江戸初期の寛永年間(1624-1643)に霊巌上人がその法力をとって当時海だった江戸八丁堀を陸地にし、そこに霊巌寺というお寺を建て、この地を霊巌島と呼ぶようになったという言い伝えがある。霊巌寺は明暦の大火事後は深川に移転。

2020年11月14日(土)ににっぽんの洋食 新川 津々井という人気洋食店が「八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発x有吉くんの正直さんぽ」に登場した。霊岸橋を茅場町駅方面を背に渡り、新川1丁目の信号を右折すると見えてくる。

永代通り。手前が日本橋茅場町1丁目で、先が新川1丁目。日本橋水門が左側に見える。水門の向こう側に日本橋川が隅田川に向かって流れている。

以下下流に向かう順番で。
 
  • 新亀島橋
    新亀島橋の名前は この橋の下流に位置し 元禄の時代から架かる亀島橋に対して新の字を冠し 新亀島橋と名が付けられた。江戸時代には町奉行配下の与力たちの屋敷が並び また亀島川に臨む亀島町は水運を活用していたであろう米穀問屋が多い町だった。
新川側は 菱垣廻船や樽廻船が往来し 上方から来る下り酒と呼ばれる酒を扱う酒問屋で賑わいを見せ「江戸新川は酒問屋をもって天下に知られ」と言われるほどだった。

新亀島橋。手前が新川で向こう側が日本橋茅場町。
 
新亀島橋から霊岸橋と日本橋水門を撮影。
江戸時代の八丁堀には 町奉行配下の与力・同心の組屋敷が置かれ 新川は酒問屋を中心とした問屋の町として栄え 亀島川には全国からの物資を運ぶ船が往来し 繁栄していた。
亀島橋は八重洲通り沿いにあり東京駅と佃方面を結ぶ重要な橋であり 亀島川は江戸時代のなごりをとどめる貴重な川のひとつとなっている。

2020年11月14日(土)にマイヨールという人気イタリアンが「八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発x有吉くんの正直さんぽ」に登場した。亀島橋を新川に向けて渡る前を右折したところにある。亀島橋を渡る前なので住所は新川でなく八丁堀となっている。

 
八重洲通沿いで、新川側から東京駅八重洲口方面を撮影。
八重洲通り沿い亀島橋から東京スカイリツリーを撮影。
  • 高橋
    八丁堀4丁目から新川2丁目へと鍜治橋通りを走る。江戸期には「高橋」が亀島川に架かる最下流の橋であったため 上流にある亀島橋まで船が往来できるよう 橋脚の高い橋を架けたことが橋名「高橋」の由来という。
手前の八丁堀側から鍜治橋通りを走る高橋とその先の新川側を撮影。真っすぐ行くと永代通りに合流する。
 
高橋から南高橋と佃のマンション群を撮影。
上記写真より少し手前から、南高橋の向こうに佃がマンション群。

  • 南高橋
    現在の南高橋の地には江戸時代には木橋は架橋されておらず、亀島川上流に高橋があったのみだった。大正12年(1923)の関東大震災ののち、街路の大規模な区画整備が行われた時に竣工された。

南高橋。手前が湊1丁目。向こう側が新川2丁目。
南高橋と亀島川水門。水門の先が隅田川。

高橋から撮影したより下流にある南高橋。この先に亀島川水門があり隅田川に流れ込んでいる。