八重洲二丁目中区再開発 三井不動産


八重洲二丁目中区再開発は三井不動産が主導する2028年竣工予定の京橋駅と直接つながるプロジェクトで、八重洲口3大ミクストユース再開発の1つだ。地上46階建て、高さ240メートル。

八重洲二丁目中区再開発(2028年竣工予定)

今回は「八重洲~日本橋・茅場町周辺再開発タイムスケジュール」から「八重洲二丁目中区再開発」を取り上げる。冒頭写真は鍜治橋通り側から撮った外堀通りと再開発エリア、まだ既存ビルの解体は始まっていない。
 
左側に建設中のブログ内「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 三井不動産」が見える。ブログ内「東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発 東京建物」含めて八重洲口3大ミクストユース再開発となる。
 
 
 
 
三井不動産が主導しオフィス、店舗、インターナショナルスクール、バスターミナルなどで構成される。外堀通り沿いには以下の写真のように八重洲ブックセンターユニゾ八重洲ビル・同2丁目ビル(住友不動産が購入)が立っており、単独でこの街区に入っている。
 
当初、2025年度竣工予定とされていたが、2020年11月の三井不動産決算説明会資料によると2028年度竣工予定とされているが詳細は不明。
 
  
冒頭の写真と逆側から撮影。外堀通り沿い。
「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の右側が建て替えられるユニゾ八重洲ビルで、さらに右側が八重洲ブックセンター
 

京橋地区との連携強化

真裏にはブログ内「(仮称)新TODAビルとミュージアムタワー京橋」で取り上げた京橋駅直結の橋エドグランが立っており、八重洲地区と京橋地区とが地下でつながり連携強化に大きな役割を果たすことになる。
八重洲側から見て、左から京橋トラストタワー、京橋エドグラン、京橋スクウェア

アクセス・地図 | 東京駅 八重洲地下街

八重洲二丁目中区再開発が地下で京橋エドグランを経て京橋駅につながる
東京駅側には外堀通りを挟んだ対面にはパシフィックセンチュリープレイス丸の内グラントウキョウサウスタワーが立っており、鍜治橋通りを挟んだ銀座方面側には「八重洲二丁目南地区再開発」が計画されている。
 
丸の内側から見た八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 とグラントウキョウサウスタワーとパシフィックセンチュリープレイス丸の内。2つの既存ビルの外堀通りを挟んだ向かいに八重洲二丁目中区再開発が計画されている。
外堀通りから鍜治橋通り方面を撮影。 左側が八重洲二丁目中区再開発で右側が八重洲二丁目南地区再開発 。