NHKの「クローズアップ現代+」で「清少公の伝説に迫る名城はなぜ崩れたのか~」を今夜放映


昨日、熊本市が熊本地震で大きな被害を受けた熊本城修復のために「復興城主」制度を創設することをこのブログでも取り上げた。今夜、NHKの「クローズアップ現代+」が、「清少公の伝説に迫る 名城はなぜ崩れたのか~」を放映する。

NHKの「クローズアップ現代+」が、「清少公の伝説に迫る 名城はなぜ崩れたのか~」を放映

この10年近く毎年5月、負けない加藤清正にあやかろうと、白金台にある「清正公」にお参りし、いつも恩返ししなくてはとの思いでいる。このブログでも関連ニュースは意識して取り上げている。以下、今夜の番組概要について添付HPからの抜粋。

戦後最大級の「文化財被害」が出た熊本城。その最深部の撮影が、NHKだけに許された。築城の名手・加藤清正の名城で、なぜこれほど被害が広がったのか。専門家たちの頭を悩ませる“数々の謎”。角だけが柱のように残った「一本石垣」、石垣中心部にできた「V字崩壊」…。浮かび上がってきたのは、地震に強いと信じられてきた石垣の、“諸刃の剣”とも言える意外な構造とメカニズムだった。芸能界随一のお城マニア・春風亭昇太さんをゲストに迎え、名城崩壊の謎に迫る!

 

過去のブログ内熊本城・加藤清正関連

加藤清正と清正公大祭
加藤清正の負けないパッションを受け継ぐ 「熊本城 今夏、一部入場可能に」
熊本城が寄付を募る「復興城主」制度、年内立ち上げへ