三井不動産 x ホテル事業が1万室達成 x「ホテル・ザ・三井 京都」


ブログ内で取り上げている「八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発」で頻繁に登場する三井不動産のホテル事業が「ホテル・ザ・三井 京都」の開業で1万室を達成した。

三井不動産のホテル事業が1万室に

2020年11月3日、三井不動産は京都市の二条城近くに「ホテル・ザ・三井 京都」を開業した。三井不動産の高級ホテルは冒頭写真にある日本橋の「マンダリンオリエンタル東京」(日本橋三井タワー内)のように外資系ホテル誘致の形をとっていた。
 
今回は同社ブランド初の高級ホテルということで、主として展開してきた「三井ガーデンホテルズ」、内幸町にある帝国ホテル(33.16%の発行済み株式保有)などとあわせ、大手不動産会社で初めて1万室を達成した。
 
ブログ内「八重洲~日本橋・茅場町周辺再開発タイムスケジュール」では主に2021年から2027年、さらにはその先に竣工予定の再開発をリストアップしている。各再開発を整理していると三井不動産が最も頻繁に登場する。その中にはホテル誘致も含まれている。
 
ブログ内「三井不動産x東京ドームのホワイトナイトへ?x読売巨人軍(読売新聞グループ)」によって新たな再開発も目論んでいるようだ。
 
 

八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発x三井不動産ホテル事業

三井不動産は八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発地域内で既存高級ホテルとして

ブログ内「八重洲・日本橋・茅場町周辺再開発 x ラグジュアリーホテル」でも取り上げたが、丸の内・大手町・日比谷に比較するとスケール的に物足りない八重洲・日本橋・茅場町エリアで、三井不動産によるさらなる展開が注目される。