2017年 150周年事象とイベント(8)日本・デンマーク外交関係樹立

2017年は、1867年の日デンマーク修好通商航海条約の締結による外交関係樹立から150周年にあたる。昨年のイタリア・ベルギーに継ぐ150周年だが、日々の様々なニュースの中で埋もれがちになってしまうのは残念だ。
“2017年 150周年事象とイベント(8)日本・デンマーク外交関係樹立” の続きを読む

「獺祭」銀座 旭酒造が初の路面店出店、隈研吾氏が内装担当!、安倍首相も行きつけに!?

日本酒「獺祭」を製造販売する旭酒造が2016年11月23日、銀座に初の路面店をオープンする(日経朝刊)。既に山口県岩国市の獺祭ストア本社蔵リニューアルオープンを手掛けた隈研吾氏が、銀座店の内装も担当。和」といえば同氏が登場する様相を呈してきた。2014年のオバマ米大統領来日時には、本籍地・選挙区が山口県にある安倍首相が「獺祭」をプレゼントしている。 “「獺祭」銀座 旭酒造が初の路面店出店、隈研吾氏が内装担当!、安倍首相も行きつけに!?” の続きを読む

隈研吾氏 築地にも現る!築地KYビル改装のデザイン・設計を手掛ける

2000年から約10年築地に住んでいたことにより、晴海通りと新大橋通りの築地4丁目交差点の一角を占める築地KYビルには大変お世話になった。新国立競技場・山手線新駅(品川新駅、仮称)などを手掛ける隈研吾氏がまたまた改装のデザイン・設計を担当する。 “隈研吾氏 築地にも現る!築地KYビル改装のデザイン・設計を手掛ける” の続きを読む

山手線新駅開業に向けての記録(4)「品川開発プロジェクトにおける品川新駅(仮称)」としてJR東日本が概要を発表、隈研吾がまた登場!

JR東日本が、「品川開発プロジェクトにおける品川新駅(仮称)の概要を発表した。「本開業は、2024年頃の街びらき時を予定しています。2020年春に暫定 開業を予定しており、駅正面付近においてはイベント等の開催も検討しています。」と今までの計画を踏襲している。驚いたのは、新国立競技場の設計も担当する隈研吾がデザインアークテクトとして、2014年から設計作業に関わっていたことだ。時間軸的には前者のほうが後だが。 “山手線新駅開業に向けての記録(4)「品川開発プロジェクトにおける品川新駅(仮称)」としてJR東日本が概要を発表、隈研吾がまた登場!” の続きを読む