アゼアス関連 「アスベスト、戦い本番」という日経産業新聞記事が気になる

今朝の日経新聞の「日経産業新聞から」(31日)の欄に、最も太い字で「アスベスト、戦い本番」との見出しがあった。「五輪再開発で処理需要、負の遺産8兆円」とのコメントもあり、このブログで以前にふれた問題がよりクローズアップされてくると思われる。アゼアスの防護服が守ってくれるのは感染症だけではない。以下、あらためて確認したい。 “アゼアス関連 「アスベスト、戦い本番」という日経産業新聞記事が気になる” の続きを読む

2017年 150周年事象とイベント(1)全リスト

「2016年 150周年事象とイベント」を作ったきっかけは、日伊国交樹立150周年を知り、調べてみると多くの150周年が見つかったためだった。さらに意識するようになったのは、150周年をたどることは、明治維新(1868年)前後の事象をたどることに他ならないからだ。 “2017年 150周年事象とイベント(1)全リスト” の続きを読む

2017年 150周年事象とイベント(2)神戸開港(プレイベント 松方コレクション展先行開催)

神戸開港150年となる2017年1月1日を前に、そのプレイベントとして、「松方コレクション展 松方幸次郎 夢の軌跡」が開催される。2016年9月17日(土)~11月27日(日)で場所は神戸市立博物館だ。松方幸次郎の父親である松方正義元首相が三田や元麻布に住居を持っていたことや、アート関連の幸次郎のこともあり松方家には興味を持ってきた。 “2017年 150周年事象とイベント(2)神戸開港(プレイベント 松方コレクション展先行開催)” の続きを読む

山手線新駅開業に向けての記録(3) 東京都が政府の国家戦略特区を活用し、外国人家事代行を解禁へ!山手線新駅・品川駅再開発や三田3丁目・4丁目プロジェクトとも関連

東京都は、2016年5月10日に検討を開始しており、中身自体はフレッシュではないが、小池百合子都知事が8月31日の政府の会議に正式に表明するとのことだ。神奈川県、大阪市に次ぎ3地域目。真っ先に思い浮かんだのは身近の山手線新駅・品川駅再開発と三田3丁目・4丁目プロジェクトだ。 “山手線新駅開業に向けての記録(3) 東京都が政府の国家戦略特区を活用し、外国人家事代行を解禁へ!山手線新駅・品川駅再開発や三田3丁目・4丁目プロジェクトとも関連” の続きを読む

伊能忠敬 2018年の没後200年に向けて(1)はじめに

伊能忠敬に関しての情報は溢れるほどあり、私があらためて大上段から何かを調査したりという気持ちは全くない。30年の社会人生活にピリオドを打ち、第2の人生を模索し充電中の身として、55歳で測量の旅に出た忠敬に興味を持った。丁度没後200年となる2018年に向けて、自然体でその足跡に触れていけたらと思っている。 “伊能忠敬 2018年の没後200年に向けて(1)はじめに” の続きを読む

京急EXイン東銀座、2016年8月25日開業へ 着実に広がるテリトリー

京急は既に、品川・泉岳寺(高輪)から羽田空港や川崎・横浜にかけては既存のアセットに加え、新たな投資も積極化させているが、銀座でも新たな展開をスタートさせた。 “京急EXイン東銀座、2016年8月25日開業へ 着実に広がるテリトリー” の続きを読む

帰国子女にはわからない英語上達法 ビジネスマンのための専門用語(10)

「帰国子女にはわからない」というのは、受験英語を引っ提げて海外に出たからこそ気づけた、意識して身につけておくべき実用英語があるということ。既に、「実用英語として身につけておくべき文法・表現・ニュアンス」を書いたが、今回からは実際で外人顧客に話したり、書いたりする際に使用した様々な分野の専門用語を日本語のあ行から書いていく。辞書替わりに使っていただくと幸いだ。

“帰国子女にはわからない英語上達法 ビジネスマンのための専門用語(10)” の続きを読む

帰国子女にはわからない英語上達法 ビジネスマンのための専門用語(9)

「帰国子女にはわからない」というのは、受験英語を引っ提げて海外に出たからこそ気づけた、意識して身につけておくべき実用英語があるということ。既に、「実用英語として身につけておくべき文法・表現・ニュアンス」を書いたが、今回からは実際で外人顧客に話したり、書いたりする際に使用した様々な分野の専門用語を日本語のあ行から書いていく。辞書替わりに使っていただくと幸いだ。

“帰国子女にはわからない英語上達法 ビジネスマンのための専門用語(9)” の続きを読む

帰国子女にはわからない英語上達法 ビジネスマンのための専門用語(8)

「帰国子女にはわからない」というのは、受験英語を引っ提げて海外に出たからこそ気づけた、意識して身につけておくべき実用英語があるということ。既に、「実用英語として身につけておくべき文法・表現・ニュアンス」を書いたが、今回からは実際で外人顧客に話したり、書いたりする際に使用した様々な分野の専門用語を日本語のあ行から書いていく。辞書替わりに使っていただくと幸いだ。

“帰国子女にはわからない英語上達法 ビジネスマンのための専門用語(8)” の続きを読む