11月24日は和食の日、「みんなのニュース」でも給食での「だしで味わう和食」に注目!


11月24日は「和食の日」だ。2013年12月、「和食無形文化遺産決定」が報じられて以来3年がたつが、2015年設立された和食文化国民会議では昨年度から和食の日を中心に、全国の小学校、中学校等で「だしで味わう和食の日」企画を実施しており、今年度も実施する。フジテレビ「みんなのニュース」などでもその模様を報道。

11月24日「和食の日」(いいにほんしょくのひ)に「だしで味わう和食の日」企画を実施

和食文化国民会議は「和食;日本人の伝統的な食文化-正月を例として-」のユネスコ無形文化遺産登録申請を契機に、和食文化を次世代へ継承するため、2015年2月4日に設立されその価値を国民全体で共有する活動を展開している。

同国民会議は、幼少期は、食の大切さを学ぶ重要な時期だが、家庭において、伝統的な食文化を伝えることが難しくなっていると判断。学校給食の果たす役割は非常に大きくなっているため、2015年度、11月24日「和食の日」に、全国の小学校、中学校等で「だしで味わう和食の日」企画を実施致した。その結果、全国で約2,000校、50万人の児童にだしのおいしさを味わってもらい、2016年度もさらに推進している。

==>番組では、1)千代田区富士見小学校にミシュラン料理人奥田透氏(銀座小十)が行き、だしの美味しさを教えている様子と、2)埼玉県美谷本小学校が普段から栄養士さん主導で、給食に和食を出している姿(今月19日中、13日は和食)をレポート。

このブログ内でも、「だしが熱い! 「ガイアの夜明け」(10月4日放映)&「がっちりマンデー!!」(10月9日)で揃って特集!」で「だし」について取り上げた。「ガイアの夜明け」では「ニッポンの味で世界の食を変える」という題で鰹節生産工場を、「がっちりマンデー!!」では、「儲かるだしビジネス!だし業界に革命が!全自動だし製造機とは!?」という題で その鰹節などを素材にしての全自動だし製造機を特集していた。

 

出汁は日常欠かせない調味料だ

プチリッチな敬老の日のプレゼント2016(22) 我が家の定番茅乃舎だし」で取り上げた『茅乃舎だし』(8gx30袋/1944円税込み)は、真昆布、鰹節、うるめいわし、焼きあごを粉末にしてだしパックに詰めた、本格的な和風だしで、我が家では味噌汁・鍋物・煮物には外せない調味料になっている。

和食の知られざる世界 (新潮新書)

新品価格
¥778から
(2016/10/3 18:45時点)

2013年、「和食無形文化遺産決定」が報じられて以来3年がたつ。直後に出版された『和食の知られざる世界』(辻 芳樹著)で「出汁の味がわからなくなっているのか?」との章で、辻氏がその伝承について危惧されていたのを思い出す。これら2つの番組が彼の危惧を少しでも緩和する内容であることを期待して観てみたい。

ブログ内和食関連