築地市場内魚河岸水神社遥拝所は豊洲へ引っ越し vs 土地を守る波除稲荷神社


本日の読売オンラインによると、築地市場の守り神である「魚河岸水神社遥拝所」は築地市場とともに豊洲移転することが決まった。一方、土地の氏神である波除稲荷神社は築地に残る。

魚河岸水神社遥拝所は豊洲へ移転 vs 築地一帯を守り続ける波除稲荷神社

魚河岸水神社は魚河岸の歴史とともに歩んできた神様で、江戸時代の初めに大漁と海上安全を祈願して祀ったのが始まりとされる。日本橋魚河岸の守り神でもあり、市場が築地へ移転した際に遥拝所が市場内につくられた。

波除稲荷神社は1659年に創建され市場外(築地6丁目)にある。明暦の大火後、築地の埋め立て工事が行われたが、荒波の影響で工事は難航した。その最中のある晩、光を放ち漂う御神体が見つかり、社殿を建て祀った。その後、波が収まり工事が順調に進んだことから、以降厄除けの神様として信仰を集めることとなった。

因みに、豊洲地域の氏神は富岡八幡宮だ。

過去のブログ内築地市場関連

築地の仲卸、半数廃業も(豊洲市場 開場まで半年) 日経新聞
テレビ東京 土曜スペシャル「築地!移転まであと半年 見納め&最新ツアー」

築地 東京中央卸売市場跡地再開発(1)概要
築地 東京中央卸売市場跡地再開発(2)主要当事者
築地 東京中央卸売市場跡地再開発(3)築地本願寺
築地 東京中央卸売市場跡地再開発(4)聖路加国際病院と国立がん研究センター中央病院
築地 東京中央卸売市場跡地再開発(5)隅田川と勝どき橋
築地 東京中央卸売市場跡地再開発(6)浜離宮恩賜庭園
築地 東京中央卸売市場跡地再開発(7)環状2号線全面開通へ
築地 東京中央卸売市場跡地再開発(8)外国人居留地、蘭学塾(福沢諭吉)、軍艦操練所
築地 東京中央卸売市場跡地再開発(9)築地場外市場と豊洲場外市場
築地 東京中央卸売市場跡地再開発(10)周辺マンション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です