築地市場内老舗店の方々がBS朝日「社会科学 さよなら築地市場」に熱い気持ちで出演


本日、小池百合子都知事が築地市場豊洲市場の視察をし、移転期日延期問題の結論はリオ・オリンピック後に出すようだが、番組に出演されていた店のほとんどは豊洲から先を見据えて前向きな日々を送っていた。

BS朝日 「社会科学 さよなら築地市場」出演の場内老舗店は熱かった

以下、出演されていたお店(ターレーのリース会社以外)だが、それぞれの状況に応じて、豊洲移転後の先を見据えて前向きに活動されているのが印象的だった。

  • マグロ専門仲卸 樋栄
    豊洲では3代目の父から4代目への息子へと後継者教育が本格化する。現在は築地市場で教えるべきことを教えている。築地魚河岸にも店を出す予定。
  • 惣菜店 山三秋山
    3代目社長が兄弟お2人と経営されている。惣菜店だが、実際は年間1000種類以上開発する創菜店だ。豊洲移転を機に、海外への輸出を開始する予定。
  • 岩佐寿司
    1代で寿司店を始めた女性が既に経営している他の2店に加え、豊洲では新たな1店も経営する予定。寿司店自体は老舗ではないが、女性は貝の仲卸店に嫁ぎ、そこでも経験を生かしている。
  • 築地魚河岸トミーナー
    91歳の女性の焼くピザが大人気のイタリアン。
  • 伊藤ウロコ
    長くつアドバイザー5代目の女性社長で有名だが、築地市場と豊洲市場は床などで違いがあるため、豊洲に合わせて長くつを開発中。
  • 山はら:以下、番組HPより抜粋
    政治家や名だたる作家、美食家達がお忍びで通い、知る人ぞ知る老舗の料亭がTV初公開。昭和の香りただよう古き良き時代を彷彿させる雰囲気の中で頂く様々な料理は絶品。あの立川談志も通い粋を感じたとか。そして今、豊洲市場への移転に揺れる大将の思いは如何に・・。

昨日、「築地 東京中央卸売市場の豊洲移転時期延期問題 小池百合子都知事の決断迫る」をアップしたが、土壌・使い勝手など含めた諸問題でやむを得ず延期することになったとしても、上記皆さんのパッションを無にしないような対処を東京都にはお願いしたい。

過去のブログ内築地・豊洲関連

三田 綱の手引坂・日向坂(7) マンション資産価値に対する中長期プロジェクトの効用」、築地に10年住んでマンションを売買した記録も整理してある

築地の仲卸、半数廃業も(豊洲市場 開場まで半年) 日経新聞
テレビ東京 土曜スペシャル「築地!移転まであと半年 見納め&最新ツアー」
築地市場内魚河岸水神社遥拝所は豊洲へ引っ越し vs 土地を守る波除稲荷神社
2020年東京オリンピック・パラリンピック バス高速輸送システム(BRT)の役割
築地 東京中央卸売市場の豊洲移転時期延期問題 小池百合子都知事の決断迫る

築地 東京中央卸売市場跡地再開発(1)概要 、(2)~(10)のリンクも添付


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です