築地市場と環状2号線 都議会のドン内田茂も絡み不安で一杯


築地東京中央卸売市場の豊洲移転を延期するかの判断が、環状2号線建設、東京オリンピック・パラリンピックにもつながる重要な問題だと書いてきたが、今回は環境2号線建設自体に問題が出てきた。

週刊文春が「都議会のドン」こと内田茂の献金企業が「五輪道路」(環状2号線)を複数受注と報道

早ければ、明日にでも小池百合子都知事からの決断があるとされているが(「築地 東京中央卸売市場の豊洲移転時期延期問題 小池百合子都知事の決断迫る」)、環状2号線完成に向け、最後の「新橋-豊洲間の約3.4キロ」(築地市場を通る)の建設受注過程に関して問題があるようだ。虎ノ門~新橋間総事業費4000億円の一部と政治資金との関連のようだが、こんな状況では東京もリオと同じような感覚で世界から見られてしまうリスクが出てくる。

築地は新築マンションを買い、売却するまで10年間住んでいた。築地やその周辺の変化は不動産・インバウンド・東京オリンピックなど多くの観点から興味があり、一生関わっていく街だと思っている。このブログでも、「築地 東京中央卸売市場跡地再開発(1)概要」シリーズで(2~10も添付)を最初に書いて以来、フォロー続けている。

過去のブログ内環状2号線関連

築地 東京中央卸売市場跡地再開発(7)環状2号線全面開通へ
2020年東京オリンピック・パラリンピック バス高速輸送システム(BRT)の役割
築地 東京中央卸売市場の豊洲移転時期延期問題 小池百合子都知事の決断迫る

大崎ウエストシティタワーズW棟 vs ザ・トウキョウタワーズ シータワー(THE TOKYO TOWERS SEA TOWER)」」
クレストプライムタワー芝 vs シティタワーズ豊洲ザ・ツインノースタワー