築地 東京中央卸売市場跡地再開発(2)主要当事者


以下、当事者である 東京都(中央卸売市場)、中央区、築地場外市場、大手不動産の整理。

  • 東京都(中央卸売市場)は2020年東京オリンピック・パラリンピック後をにらむ

    2020年東京オリンピック開催までに市場跡地周辺に環状2号線を整備するためには、2018年までに築地市場解体を終え工事に着手する必要があるとして、昨年9月に建物解体工事業務を民間企業に委託しており、更地にしたあとは新市場の建設費を賄うため大規模開発用地として売却する意向だ。 舛添都知事は定例会見で、「(跡地利用は)全く白紙なので、地元の皆さんの声を聞き、都民の皆さんの声を聞いて、とにかく築地が豊洲にきちんと移って、そこから先を考えられれば良い」と述べている。当面は、2020年東京オリンピック・パラリンピックで会場を結ぶ バスターミナルとして使用する方針。

  • 中央区は新しいタイプの再開発を望む 

    同区では早くから跡地利用ビジョンを策定し、整備を進めており、2015年2月に矢田美英区長は、「(跡地には)野球場やサッカー場などのスポーツ施設、またはテーマパークなどが良い」と話し、「マンションやオフィスではなくにぎわいをもたらす施設にしてほしい」と要望を述べた。また9月10日には公募によって跡地名称を「築地魚河岸(つきじうおがし)」にすると発表し、積極的にアピールをおこなっている。

    埋め込み画像 2

個別マンション整理(過去ブログより)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です