このブログではレポート済み!東京建物が六本木で建てる低価格ビジネスホテルが日経朝刊に掲載された!


先日このブログで、「六本木の芋洗い坂を麻布十番方面に向かって行くと右側の六本木6丁目で、東京建物によるホテル・店舗開発が今月着工していた」とレポートしたが、今朝の日経朝刊も報じていたため、一部情報を補足する。

六本木6丁目 東京建物が16階建ホテル・店舗を今月着工(来年9月30日完了予定)

東京建物による低価格ビジネスホテル展開の第一弾としての位置づけで、全国で「カンデおホテル」を手掛けるカンデオ・ホスピタリティ・マネジメントに運営を委託する。宿泊数は149室で、宿泊料金は1泊1室1万5千円から1万9千円の見通し。さらに、2018年開業を目指し、銀座と大阪・心斎橋にも同様のビルを建てる計画だ。

六本木6丁目のホテル建設着工、六本木5丁目西地区(第2六本木ヒルズ)の行方は?」で書いたように、六本木6丁目の芋洗い坂近辺には1番地にホテルアルカトーレ六本木が、7番地にアパホテル六本木駅前があるが、東京建物によると、六本木はビジネスホテルが少ないとのことで、進出することになったようだ。2016年7月は、単月で訪日外国人が過去最高の229万7000人を記録した。

六本木6丁目ホテル
六本木6丁目ホテル建設地
芋洗い坂から麻布十番方面
芋洗い坂から麻布十番方面/。手前が麻布十番で、先が六本木。左側が六本木6丁目、右側が5丁目。