野老朝雄氏と福井県敦賀市


2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムの作者、野老朝雄氏の過去の作品が話題になり始めていると、5月6日(金)日経夕刊が報じている。

野老朝雄氏のデザイン

記事によると、私が訪問したばかりの福井県敦賀市(訪問したのは敦賀市でなく福井駅から高速バスで30分の永平寺のみ)のJR敦賀駅前広場や駅前の交流施設にも野老氏のデザインが使われているとのこと。北陸新幹線の敦賀市までの延伸計画の前倒し機運について「福井 永平寺、北陸新幹線」の中で書いたが、北陸3県の中でもあらゆる面で後塵を拝してきた福井県に吹いてきたフォローの風の今後を興味を持って見守りたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です