ザ・ファイン築地レジデンス 60平米台4戸が先着順!


2016年9月に竣工し、既に入居が始まっている「ザ・ファイン築地レジデンス」が先着順で4戸を販売する。「築地駅」徒歩6分。

ザ・ファイン築地レジデンス

築地に2009年12月まで約10年住んだので、このあたりは充分に土地勘がある。築地周辺に関しては、「築地 東京中央卸売市場跡地再開発(1)概要(2~10も以下に添付)シリーズで様々な角度から取り上げている。市場問題で不透明な部分はあるが、歴史的に根付いている魅力的な所も多く、一生通いたい場所だ。

「ザ・ファイン築地レジデンス」の最寄り駅は徒歩6分の「築地駅」だが、12分歩けば「銀座1丁目駅」まで行ける。銀座が完全に散歩圏内で、私も同じ築地7丁目に住んでいたので、毎週末のように銀座の街をぶらぶらしていた。暖かい日には隅田川沿いでの読書・昼寝も楽しめる。

歩いて数分にある明石町エリアは、港区によくあるように丁目がなく、明石町は外国人居留地 (「江戸・東京デジタルミュージアム」)があった歴史的な場所でもある。その明石町にある「新築、2016年10月8日、プラウド銀座東 vs ブランズ明石町、築地にもやっと100平米超が!」の後者が約70平米の部屋で坪単価約456万円/となっており、単純比較はできないものの、今回の部屋は約68平米で坪単価約397万円となっている。

 

ブログ内中央区マンション関連等

今まで書いてきた分は「個別マンション整理(2016)個別マンション整理(2017)の中に全て添付。個人的な売買経験は「三田 綱の手引坂・日向坂(7)マンション資産価値に対する中長期プロジェクトの効用」に記した。

ザ・ファイン築地レジデンス

販売価格と専有面積

8218万円(68.41平米、約20.69坪、約397万円/坪)

12階建(22戸)今回販売されるのは61.41平米と68.41平米が各2戸で上記はそのうちの1戸。

中央区築地七丁目16番7

利用駅

東京メトロ日比谷線「築地駅」徒歩6分

販売予定時期

販売中

竣工 2016年9月

 管理費・修繕積立費・その他(月)

22920+8210₊1430=32560円

その他

全戸南東向き & 角住戸。リバービューの解放感。