Xなら天童木工(山形県天童市) 港区ショールームでリオ五輪卓球台のX型木製脚展示!


リオ五輪での卓球台の脚部に使われた「X型木製脚」が製作者である山形県天童木工の東京港区ショールームで展示される。木を曲げて造形できる「成形合板」技術の賜物だ。

天童木工が東京ショールームでイベント開催

冒頭写真にあるように、アンティーク家具が多い我が家にも、同社(柳宗理氏)が製作した世界的ベストセラー「バタフライスツール」があり、良くなじみ気にいって使っている(写真は単独で撮影)。今では天童木工のアイコンともいえるバタフライスツールが松屋銀座で発表されたのは1956年で今年で60周年を迎える。その後に生まれた新製品を含め、それぞれの生まれた背景や技術的な解説、成形合板の技術などを紹介する企画展を開催する。

企画展関連イベントとして、今夏、注目の的となったあの卓球台をデザインした澄川伸一氏によるトークショーを開催する。東京ショールームではこの企画展開催にあわせて、卓球台 三英「infinity」を展示。澄川氏がどのようにしてあのデザインに辿り着いたのか、そのプロセスと結果である卓球台を見れる。

イベント日程(上記添付HPより)

1.「40・50・60」展
開催期間: 2016年10月27日(木)~ 11月10日(木) 10:00~18:00
開催場所: 天童木工 東京ショールーム、入場無料

〒105-0013 東京都港区浜松町1-19-2 >>Maps
TEL 0120-24-0401
FAX 03-3437-9238
E-mail:t-tokyo@tendo-mokko.co.jp
<アクセス>
JR浜松町駅 北口より徒歩3分
地下鉄大門駅 B4出口、またはA2出口より徒歩3分

 

2.「40・50・60」展 関連イベント
澄川伸一氏トークショー
「リオ卓球台とバタフライスツールは関係していた!」

■ 日時
2016年11月3日(木・祝) 15:00より(14:30開場)
■ 場所
天童木工 東京ショールーム(同上)
■ 入場無料
※お申し込みはメールアドレス saito.s@tendo-mokko.co.jp へ、
件名「トークショー申し込み」とご記入の上、お名前と人数を明記してお送りください。
※定員(60名)を上回るお申し込みがあった場合はお断りする場合があります