卓球・福原愛選手はラオックスを救えるか?2016年12月期第3四半期(累計)経常利益は前年比99%減益!


2016年11月11日、ラオックスは企業広告活動におけるイメージキャラクターに卓球の福原愛選手を起用すると発表した。11月14日発表の2016年12月期第3四半期(累計)経常利益は前年比99%減となり、第3四半期(7月~9月)に限っては赤字に転落。今後、福原愛選手と出直すことになる。

ラオックスが2016年12月期第3四半期(累計)連結業績を発表(2016年11月14日)

添付決算短信にあるように、2016年12月期第3四半期(累計)経常利益は前年比99%減の1.39億円に落ち込み、第3四半期(7月~9月)に限っては3.2億円の赤字となった。

同社は現在の事業環境について、「当社主要事業に係る訪日外国人観光客の動向に関しましては、JNTO(日本政府観光局)の資料によると、平成28 年7-9月期の前年同期比において、訪日外国人旅行者数は17.1%増加しているものの、円高の影響もあり、消費額は 2.9%減と19四半期ぶりに減少に転じております。」としている。

同社は、「インバウンドと電子決済サービス・商品情報配信」で取り上げたように、2016年8月頃から上海港のクルーズ船旅客ビルで出発前の待ち時間を利用して商品を選んでもらう試みをしたり、「ラオックス日光東照宮店がたった1年間で2016年10月23日閉店、インバウンド対策は慎重に!」で取り上げたように、既にスクラップ&ビルドをスタートさせるなどしているが結果がまだ出ていない状況だ。

卓球・福原愛選手をイメージキャラクターに起用

同社は2016年11月11日、同社コーポレートサイト及び全国42店舗(2016年11月現在)展開する「ラオックス」の免税店の看板や店内ポスターなどに福原愛さんが登場すると発表した。以下、会社側からのメッセージ。

オリンピックの日本代表選手として活躍されている福原愛さんは日本国民からの人気が高いことはもちろんのこと、中国全土や台湾からも絶大な人気を誇ります。当社のコンセプトである「日本の良いものを世界に届ける」、いわば日中の架け橋として「ラオックス」ブランドの向上を一層はかってまいります。

ブログ内福原愛関連

訪日外国人による消費は低迷中

銀座競争激化!GINZA SIX(ギンザ シックス)が松坂屋跡の商業施設名に、銀座6丁目はローソン・シチズンとユニクロが主役!」で銀座7丁目などにあるラオックス(冒頭写真)や以下のような最近の競争相手の低迷状況も取り上げた。

ブログ内ラオックス関連