スーパーハイビジョン4k・8K 実用放送開始(2018年12月1日)まであと1年!


スーパーハイビジョン4k・8K 実用放送開始(2018年12月1日)まであと1年ということで、NHKが2017年12月1日~3日、「4K・8K スーパーハイビジョンパーク」というイベントを企画している。

スーパーハイビジョン4k・8K とは

詳細はNHKの該当HP総務省該当HPに譲るが、「4Kはハイビジョンの4倍、8Kは16倍の画素によって超高精細映像を映し出す次世代のテレビ技術です。きめ細かな美しい映像に加えて、聞く人を包み込む5.1チャンネルサラウンド(4K)、22.2マルチチャンネル(8K)の立体的な音響によって、その場にいるかのような圧倒的な臨場感を体験することができます。」(NHK)とある。

1)2016年8月1日、NHKはこの「スーパーハイビジョン」の技術検証と普及促進を目的に、BSで試験放送を開始し、2)東経124/128度CS放送、ケーブルテレビ、IPTVによる4K実用放送がロードマップに沿って開始されており、3)2018年12月1日にはBSと110度CSによる実用放送(フルに楽しむには新たなアンテナと機器が必要。11社19番組が放送開始予定。)、4)そして東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には本格的に普及することを目指して、4K・8Kの番組を充実させている。

ブログ内で「5G(第5世代移動通信)関連ニュースフロー・記事一覧」などを通してフォローしている5Gと4K・8Kは総務省重点施策2018(4の世界最高水準のICT環境の整備にある)により同時並行的に推進されており、今後ブログ内で4K・8Kの動向もフォローしていく。

4K・8K スーパーハイビジョンパーク(入場無料、一部事前申し込みは終了)

2017年12月1日(金)・2日(土)・3日(日)、西新宿のパークタワーホールで開催される。以下が主催者NHKによるメッセージ。

会場では、8Kスーパーハイビジョンの臨場感を、超高精細映像と22.2chの3Dサラウンド音響で体感していただける「8Kスーパーハイビジョンシアター」を中心に、近未来の“8Kのある暮らし”を一足早く体験していただける「8Kリビングシアター」、8K技術を活用したアトラクション「8K:VRライド」や4Kの多彩な番組・コンテンツを新技術HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)でご覧いただける「4KHDRショウケース」など、4K・8Kが描き出す世界をさまざまな形でお楽しみいただけます。

12月1日(金)にはNHKテレビでも上記のイベントの模様含めて4K・8Kについて特集される(午後0時20分~0時45分)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください