サインポストのスーパワンダーレジ・ワンダーレジ+キャッシュレス決済・セルフレジ関連ニュースフロー等整理


アマゾンが2016年12月に発表・オープンした(一般消費者向けは2018年1月)レジ無し店舗「アマゾン・ゴー」に対し、日本ではサインポストなどが独自のセルフレジを開発中だ。

サインポストとセルフレジ

詳細は会社HPに譲るが、2017年11月にマザーズに上場した同社は堅調に推移するコンサルティング事業、ソリューション事業に加え、セルフレジ開発などを手掛けるイノベーション事業を有する。

同社がいくつかの特許(添付記事内P4)を保有するセルフレジの中に、

1)世界初A.I.搭載レジスターワンダーレジ(設置型AIレジ)があり、人手不足のコンビニや、オフィス・工場など職域内小規模店舗、アミューズメント施設、空港内売店、高速道路サービスエリアなど商品の購入点数が少ない店舗やレジに導入可能だ。

商品のパッケージや文字などの自動認識により、バーコードやタグに頼ることなく、ワンダーレジに商品を並べるだけで精算ができるレジシステムだ。商品そのものを認識する当 AI 技術は、バーコードの無い生鮮食品なども認識できる点、また、タグのコストやタグを商品に貼る人手が不要である点に優位性がある。

2)スパーワンダーレジ(完全スルー型レジシステム)(ユーチューブでデモ)はアマゾン・ゴーに匹敵し、スーパーマーケット、ディスカウントストア、ドラッグストアなど多くの商品を購入する店舗が導入対象だ。

上記ワンダーレジに搭載している技術を発展させ、買物客が店舗内でカートやカゴに購入する商品を出し入れする時に都度自動で精算し、決済ゲートを通過する際に IC キャッシュカードや現金などの支払い方法を選択しその場で決済を完了させるレジシステムだ。買物客のレジ待ちを解消するとともに、従来のレジスターやレジ要員を必要としない画期的な仕組みとなる。

2017年11月20日から 1週間、セブンイレブンより1日当たり売上が高いNEW DAYSを有するなど、流通業を強化しているJR東日本のイベントで大宮駅において「完全スルー型レジシステム(スーパーワンダーレジ)」の実験店舗を開設し、一般顧客も体験済みだ。因みに、JR東日本のICカード「スイカ」は6900万枚が発行されている。

さらに、2018年8月に出版された「デス・バイ・アマゾン」という本にはセルフレジについてもフォーカスされており、野村総研コンサルタントである著者は「消費者が商品ごとにICタグを読み取ること」や「業者側がICタグを添付すること」に対して、いかにICタグのコストが低下してきたからといって非現実的だと否定的にみる一方、「アマゾン・ゴー」を好評価し、サインポストの「スーパワンダーレジ」に対する期待がこもった文章となっている。

2018年9月3日には国内外で3000万の加盟店をもつJCBとの実証実験も発表。JCBはQUICPayという電子マネーも扱っており、LINE Payも頼りにしている

以下、ワンダーレジの実利用開始から今後のワンダーレジ・スーパーワンダーレジのニュースフローを追っていく。

 

 

キャッシュレス決済・セルフレジ関連ニュース等整理

以下、セルフレジ発展に必要不可欠なキャッシュレス決済も含め国内外のニュースフローも同時に追っていく。

#キャッシュレス決済、1.プリペイド(前払い)、2.リアルタイム(即時払い、デビットカードやQRコードなどで預金口座から直接引き落とし)、3.ポストペイ(後払い、クレジットカード)に大別。日本では2割弱と低い(2015年、韓国9割弱、中国6割、欧米4~5割)。

キャッシュレス推進協議会設立(経済産業省、2018年7月3日)、協議会について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください