芝浦アイランドケープタワー vs 富久クロス コンフォートタワー


両者とも9980万円(販売希望価格)で、1億円で買うならどのような物件があるのかという見方で取り上げた。1週間前たまたま同価格の2物件を取り上げていたこともあり、あらためて整理してみた。

優劣ではなく共通点・相違点の基本事実整理

どちらの周辺環境(雰囲気)が好きか・家族構成・通勤場所・引っ越したい時期・建物サイズの好み・駅からの距離等々、人によって好み・事情は全く違うため、以下、優劣ではなく、共通点・相違点の基礎事実整理をしたい。詳細は各販売者(仲介者)に確認していただきたい。主として新聞折り込み広告もしくはHPから抜粋。

まず1000戸数以上あるマンションということで、好き嫌いもはっきりしているだろう。その上、高層階という共通点以外は何から何まで違うので、実際に購入される時にこの2物件が比較候補となることはないだろう。あくまでも、1億円でどのような物件があるのかという見方から取り上げてみた。坪単価も前者が約323万円、後者が約449万円と大きな違いがある。先週取り上げた「中古、2016年8月20日、ワールドシティタワーズアクアタワー vs ザ・パークハウス晴海タワーズ クロノレジデンス」の2物件とも同価格だが、高層階(38階・42階)・湾岸という共通点以外はほとんどの条件が大きく異なっていた。合わせて参考にしていただきたい。

前者は築10年・最寄り駅から徒歩11分ということや、下記に添付した(6月13日付け)、同じ芝浦4丁目の新築・築浅の物件水準と比較したしても、リーゾナブルな水準ではないか。山手線新駅へは遠回りしなくてはならないロケーションにある。

後者は新宿御苑北側の大規模再開発エリアに昨年竣工したばかりで、最寄り駅へも徒歩5分。三越伊勢丹新宿店に行った際に、周辺散歩した覚えがあるが土地勘があまりなく、今後勉強しなくては。

過去のブログ内芝浦関連

「中古、2016年5月6日、グローバルフロントタワー vs カテリーナ三田タワースイート イーストアーク」、前者が芝浦1丁目
「新築x中古、2016年6月13日、クラッシィハウス芝浦(新築) vs 東京ベイシティタワー(中古)」、両者とも芝浦4丁目。前者が坪単価約355万円、後者が約370万円と山手線新駅に近い優位性が出ている可能性。

過去に書いてきた分は「個別マンション整理(過去ブログより)」の中に全て添付。個人的な売買経験は「三田 綱の手引坂・日向坂(7)マンション資産価値に対する中長期プロジェクトの効用」に記した。

芝浦アイランドケープタワー 富久クロス コンフォートタワー

販売価格と専有面積

9980万円(102.03平米、約30.86坪、約323万円/坪)

販売価格と専有面積

9980万円(73.51平米、約22.23坪、約449万円/坪)

港区芝浦4-19-1 48階建28階(1095戸)

新宿区富久町15-1
55階建34階(1093戸)

利用駅

JR山手線・京浜東北線「田町駅」徒歩11分、都営浅草線・三田線「三田駅」徒歩12分

利用駅

東京メトロ丸の内線「新宿御苑前駅」徒歩5分、東京メトロ副都心線・都営新宿線「新宿3丁目駅」徒歩8分

 販売予定時期

中古

販売予定時期

中古

 竣工 2006年10月

竣工 2015年4月

 管理費・修繕積立費・その他(月)

24790+7550=32340円

 管理費・修繕積立費・その他(月)

22520+8680=31200円

その他

北東角住戸、お台場・レインボーブリッジ・東京スカイツリーを望む

その他

東向き、東京ドーム・スカイツリーを望む