芝浦アイランドケープタワー vs 芝浦アイランドグローブタワー


芝浦アイランドを代表し、竣工時期もほぼ同じの分譲用2大タワーマンションだが、最寄駅への近さ・階数で勝る後者と前者が同水準の坪単価には少し違和感ある。絶対価格自体の安さはどうしても山手線外側価格になってしまっている。

優劣ではなく共通点・相違点の基本事実整理

どちらの周辺環境(雰囲気)が好きか・家族構成・通勤場所・引っ越したい時期・建物サイズの好み・駅からの距離等々、人によって好み・事情は全く違うため、以下、優劣ではなく、共通点・相違点の基礎事実整理をしたい。詳細は各販売者(仲介者)に確認していただきたい。主として新聞折り込み広告もしくはHPから抜粋。

両者は芝浦アイランドを代表する、築年約10年となるタワーマンションだ。前者が最寄り駅へ約2分遠く、階数も前者が16階・後者が44階であることを考慮すると、坪単価が約341万円と同水準なのは少し違和感がある。あくまでも販売希望価格であるという中古マンションの後者は田町駅東口から芝浦アイランドへ向かうと入口のところにあり、徒歩8分ながら比較感最も良い立地にある。後者は残念ながら、山手線新駅へは遠回りしなくてはならないロケーションにある。

「中古、2016年8月20日、ワールドシティタワーズアクアタワー vs ザ・パークハウス晴海タワーズ クロノレジデンス」の前者は同じ山手線外側でより古いが、坪単価約15%以上高いが利便性も良いとは言えず、芝浦アイランドが過小評価されているかもしれない。田町駅東口では再開発計画も進行中(高輪 山手線新駅・品川駅再開発(8)田町駅東口北地区地区計画)。

ブログ内芝浦関連

過去に書いてきた分は「個別マンション整理(過去ブログより)」の中に全て添付。個人的な売買経験は「三田 綱の手引坂・日向坂(7)マンション資産価値に対する中長期プロジェクトの効用」に記した。

芝浦アイランドケープタワー 芝浦アイランドグローブタワー

販売価格と専有面積

1億480万円(101.48 平米、約30.75坪、約341万円/坪)

販売価格と専有面積

8400万円(81.53平米、約24.66坪、約341万円/坪)

港区芝浦4-19-1 48階建16階(1095戸)

港区芝浦4-21-1
49階建44階(833戸)

利用駅

JR山手線・京浜東北線「田町駅」徒歩11分、都営浅草線・三田線「三田駅」徒歩12分

利用駅

JR山手線・京浜東北線「田町駅」徒歩8分、都営浅草線・三田線「三田駅」徒歩10分

 販売予定時期

中古

販売予定時期

中古

 竣工 2006年10月

竣工 2006年11月

 管理費・修繕積立費・その他(月)

24660+7510=31750円

 管理費・修繕積立費・その他(月)

22260+8560=30820円

その他

南東・南西角部屋

その他

南東向き。レインボーブリッジ眺望。