2つの芝五丁目プロジェクト 港区と三井不動産


三田通りから札の辻を経て芝浦側に行く途中、芝5丁目プロジェクトの進展具合をチェックした。建設土地の形、入り口の狭さを見ると用地取得に苦労の後が伺える。向かいにはもう一つのプロジェクトがある。

芝五丁目プロジェクト

三井不動産と清水建設が建築主の事務所・駐車場・店舗からなる18階建オフィスビルディング。2018年1月31日竣工予定。冒頭写真(三田通り沿い)は2017年7月23日撮影。以下のように第一京浜沿い(2016年撮影)に入り口があるが、どちらも狭く、決して美しい用地取得とはいかなかったようだ。中身勝負になるだろう。

芝5丁目プロジェクト1
芝5丁目プロジェクト(第一京浜沿い入り口)

もう一つの芝5丁目プロジェクト(芝5丁目複合施設整備基本計画

港区による2021年度開設予定の複合施設整備で、札の辻交差点に近接し。第一京浜を挟んで上記の向かい側にある場所(現在、緊急暫定保育室、暫定自転車等駐車場に使用)に、「(仮称)港区立産業振興センター」と「港区立三田図書館」が入る(11階建)。

緊急前提保育室
緊急前提保育室。2021年度に11階建のビルになる。

三田 綱の手引坂・日向坂(8)中長期プロジェクト(三田3丁目・4丁目、三田3丁目、三田小山町)

芝5丁目と三田通りを挟んで接する三田3丁目・4丁目ではより大規模で本格的にあ中長期プロジェクトがある。将来的には芝5丁目の両プロジェクトとの相乗効果が期待される。

三田三・四丁目地区再開発への道 既存記事整理、2017年7月23日から開始


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です