オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展を混雑もなく鑑賞


本日(金曜日)午後4時過ぎから5時過ぎまで国立新美術館で鑑賞。適度の混みで、じっくり鑑賞できた。先日の若冲は期間が短く大変だっただけに、これぞ美術鑑賞という雰囲気だった。

あらためてルノアールの心地よさを堪能

オールセー美術館所蔵の『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』、『浴女たち』が初来日、同『田舎のダンス』、『都会のダンス』が45年ぶりに揃って来日ということも注目されているイベントだが、私が特に良かったのは、『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』、『草原の坂道』、『ぶらんこ』、『バラ色のマロニエ』、『ジュリー・マネ(猫を抱く子供)』、『モスローズ』、『ピアノを弾く少女たち』だ。

「国立西洋美術館 世界遺産へ」記念 鑑賞した世界各国美術館と作品(2)フランス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です