10月14日は鉄道の日 1872年(明治5年)同日、新橋・横浜間に最初の鉄道が開通


1872年(明治5年)10月14日、新橋・横浜間に最初の鉄道が開通したことを 記念して、1994年(平成6年)に、毎年10月14日を「鉄道の日」とすることになった。世の中が大きく変化する時、鉄道が大きな影響を及ぼすという点は今でも変わらない。

1872年(明治5年)10月14日、新橋・横浜間に最初の鉄道が開通

10月14日が「鉄道の日」に決まった1994年(平成6年)以来、この日を中心に、JR・民鉄等鉄道関係者が、鉄道に対する理解と関心を深め ることを目的として一堂に会し、鉄道の発展を祝うとともに、多彩な行事を実施してい る。

その中心行事の一つとして、10月8日(土)~9日(日)、日比谷公園にて第23 回「鉄道フェスティバル」が開催される。(概要は添付。14日の鉄道関係者を中心とした行事内容も含む。)。毎年14万人前後の参加者で賑わう(入場無料)。

浮世絵に描かれた開業当初の鉄道(横浜)
浮世絵に描かれた開業当初の鉄道(横浜)

秋の紅葉特集 びゅう

今最も熱いのは築地(銀座・新橋・汐留)-浜松町-田町・三田-山手線新駅(品川新駅、仮称)・泉岳寺駅-品川駅-横浜

「東京の玄関口」 東京オリンピック前後それぞれの戦略、日経朝刊が「京急、品川の複合ビル 規模3倍に」との記事掲載」の中で総合的に俯瞰できるようになっている。このエリアから目が離せない。1.築地、2.浜松町駅、3.田町駅・三田駅、4.山手線新駅(品川新駅、仮称)・泉岳寺駅~品川駅、5.羽田空港・京急について整理。いずれ、6として、京急が現在の泉岳寺駅にある本社を2019年に移す横浜についても整理したいと思っている。

2027年にはリニア中央新幹線開業(品川-名古屋間、#品川-大阪間は2045年予定だが前倒しの可能性も)が控えている。