プラウド虎ノ門x虎ノ門トラストシティワールド


日比谷線「神谷町駅」徒歩2分のところに、野村不動産のプラウド虎ノ門が建設される。森トラストが2020年竣工を目指す「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」に隣接する好立地だ。

プラウド虎ノ門

虎ノ門エリアでは桜田通りを挟んで東側に、「虎ノ門再開発整理 虎ノ門ヒルズ(森ビル)、虎ノ門新駅(仮称)、環状2号線&BRTなど」が、西側に「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート x 森トラスト vs 虎ノ門ヒルズ x 森ビル」の「虎ノ門トラストシティ ワールドゲート」が建設されている。

詳細はHPに譲るが、後者に隣接し、日比谷線「神谷町駅」徒歩2分の好立地に野村不動産がプラウド虎ノ門(19階、62戸、50.60平米~99.08平米、主運航2019年10月中旬予定)を建設する。冒頭写真には建設予定地と現在建設中のワールドゲートが見える。以下の2枚目の写真にあるように建て替え案件だ。

神谷町駅を超えて南側では「都市再生特別地区(虎ノ門・麻布台地区) 都市計画 x 森ビル x 開発前空き家」も計画されており、大プロジェクトに囲まれた場所だ。

ブログ内虎ノ門関連

今まで書いてきた分は「個別マンション整理(2016)個別マンション整理(2017)の中に全て添付。個人的な売買経験は「三田 綱の手引坂・日向坂(7)マンション資産価値に対する中長期プロジェクトの効用」に記した。

==>ブログ内「東京都港区内再開発案件整理


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です