パークコート赤坂桜坂 vs サイオン桜坂


港区赤坂1丁目の2物件だが何といっても目を引いたのが前者は1047万円、後者は572万円という坪単価の差だ。利用駅で遜色がない中、専有面積・階が同条件ではなく、竣工に6年半の差があるが2倍近い差は興味深い。

優劣ではなく共通点・相違点の基本事実整理

どちらの周辺環境(雰囲気)が好きか・家族構成・通勤場所・引っ越したい時期・建物サイズの好み・駅からの距離等々、人によって好み・事情は全く違うため、以下、優劣ではなく、共通点・相違点の基礎事実整理をしたい。詳細は各販売者(仲介者)に確認していただきたい。主として新聞折り込み広告もしくはHPから抜粋。

前者の坪単価は1047万円、後者は572万円と、現時点ではオーナーの望む販売価格とはいえ2倍近い差はどこから来るのだろうか。竣工は6年半の違いがあり、専有面積は前者が後者より10平米弱広い一方、利用駅の利便性に大差はない。後者は販売当初賃貸用であったものを分譲用に変更したことが何か仕様の違いなどを理由に販売価格に影響しているのであろうか。仲介業者からじっくり聞きだす必要がありそうだ。

今まで書いてきた分は「個別マンション整理(過去ブログより)」の中に全て添付。個人的な売買経験は「三田 綱の手引坂・日向坂(7)マンション資産価値に対する中長期プロジェクトの効用」に記した。

パークコート赤坂桜坂 サイオン桜坂

販売価格と専有面積

2億6800万円(84.63平米、約25.60坪、約1047万円/坪)

販売価格と専有面積

1億3000万円(75.12、約22・72坪、約572万円/坪)

 港区赤坂1-12-20
13階建5階(46戸)

港区赤坂1-11-12
26階建2階(87戸)

利用駅

東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」徒歩3分、東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」徒歩4分

利用駅

東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」徒歩2分、東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」徒歩6分

 販売予定時期

中古物件

販売予定時期

中古物件

 竣工2016年3月 竣工 2009年11月

 管理費・修繕積立費・その他(月)

39520+9730+1944=51194円

 管理費・修繕積立費・その他(月)

41320+13530=54840円

その他

南西・北西・北東角住戸

その他

北東・北西角住戸


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です