モチーフ別絵画作品シリーズ(10)人物


絵画作品を収蔵するにあたり、「モチーフx色合いx構図x技法 x 素材 xストーリーx 価格水準」などが自分の好みにフィットした作品に出合え、実際に収蔵できた時は幸せな気持ちになる。モチーフ(10)は人物。

人物をモチーフにした絵画(敬称略)

第10弾は人物。人物画は「ヨハネス・フェルメール 37作品中鑑賞してない7作品」を中心に、「「国立西洋美術館 世界遺産へ」記念 鑑賞した世界各国美術館と作品(1)イギリス」(2~8も添付)などを通してもかなり鑑賞した。ロンドン滞在6年間でも「ナショナル・ポートレート・ギャラリー」に何度も足を運んだ。

古吉弘、浅村理江、高島圭史(日本画)の作品を収蔵しているが、人物画のストライクゾーンは決して広くないと気づいてきた。森本純は作品制作数が少なく、先日抽選で外れた。

以下、リンクで作品群(もしくは作品)に飛ぶようにした。

洋画 

日本画


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください