大塚家具は今期決算赤字予想拡大 ル・コルビジェの祝い年に残念!


このブログのカテゴリーの1つ<不動産売買のヒント>冒頭での「住みたいマンションでキャピタルゲインも追求」で、心地よい環境に住むにあたって、心地よい家具の選択は欠かせないとも書いた。大塚家具の一層の苦境は残念でならない。

下方修正が続く大塚家具(8186)の決算

今年はル・コルビジェの流れで、国立西洋美術館が世界遺産になったお祝いの年でもあるが(国立西洋美術館 祝 世界文化遺産正式決定 世界各国主要美術館と主要作品リスト)、残念ながらコルビジェの家具も扱っている大塚家具(8186)がますます苦境に陥っている。個人消費の足踏み、住宅発売戸数の低調さのみならず、独自要因による低迷が危惧されるところだ。

「理」と「情」の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス

新品価格
¥1,620から
(2016/8/27 22:33時点

実例に学ぶ経営戦略 あの企業のお家騒動

新品価格
¥1,404から
(2016/8/27 22:35時点)

過去のブログ内大塚家具関連

GEOGRAPHICA vs 大塚家具・匠大塚」、好きなアンティークショップGEOGRAPHICAに対して、残念な争いが続く2社についてアップデート
大塚家具 最終赤字10億円に拡大(16年1月~3月)」ではフォローアップとして現状を確認した。
大塚家具 ホテル営業でインバウンド対策強化


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です