大崎ウエストシティタワーズW棟 vs ザ・トウキョウタワーズ シータワー(THE TOKYO TOWERS SEA TOWER)


前者は大崎のタワーマンション建設ブームの、後者は勝どきのタワーマンション建設ブームの共に先駆け的存在。専有面積65平米強で築年数・階数で大差がない物件比較。坪単価、前者約380万円、後者約312万円とある差は場所の好き嫌いはともかく、リーゾナブルというか前者が安過ぎるような気がする。

優劣ではなく共通点・相違点の基本事実整理

どちらの周辺環境(雰囲気)が好きか・家族構成・通勤場所・引っ越したい時期・建物サイズの好み・駅からの距離等々、人によって好み・事情は全く違うため、以下、優劣ではなく、共通点・相違点の基礎事実整理をしたい。詳細は各販売者(仲介者)に確認していただきたい。主として新聞折り込み広告もしくはHPから抜粋。

専有面積が65平米強という共通点をベースに、大きな差異はない階数(前者が28階、後者が23階)・竣工時期(前者が2009年9月、後者が2008年1月)である中、坪単価は前者が約380万円、後者が約312万円。

好き嫌いでなく、最寄り駅の価値の差・その距離の差(しかも前者はダイレクトアクセス可能)という決定的な違いから判断すると、坪単価に大きな差があるのは違和感ないが、前者が安過ぎるような気がする。この点は仲介の方から情報を取り精査が必要だ。勿論、前者より後者の場所が好きな方にとっては比較する意味を持たず、その他周辺マンションとの比較が重要になってくる。

今まで書いてきた分は「個別マンション整理(過去ブログより)」の中に全て添付。個人的な売買経験は「三田 綱の手引坂・日向坂(7)マンション資産価値に対する中長期プロジェクトの効用」に記した。

大崎ウエストシティタワーズW棟 ザ・トウキョウタワーズ シータワー(THE TOKYO TOWERS SEA TOWER)

販売価格と専有面積

7580万円(65.99平米、約19.96坪、約380万円/坪)、

販売価格と専有面積

6180万円(65.45、約19.79坪、約312万円/坪)

 品川区大崎2-9-1、2
39階建28階(1090戸)

中央区勝どき6-3-1
58階建23階(1333戸)

利用駅

JR山手線・JR湘南新宿ライン・JR埼京線・東京臨海高速鉄道「大崎駅」徒歩3分

利用駅

都営大江戸線「勝どき駅」徒歩5分

 販売予定時期

中古物件

販売予定時期

中古物件

 竣工2009年9月 竣工 2008年1月

 管理費・修繕積立費・その他(月)

19211+7218+8169=34598円

 管理費・修繕積立費・その他(月)

13420+11930+1080=26430円

その他

マンションから大崎駅までは「ペデストリアンデッキ」で繋がれておりダイレクトアクセスが可能。

 

その他

建物内にクリニック、24時間スーパー、病院、ジムなど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です