小田急電鉄は良品計画と組んで中国に「無印」ホテル(MUJI HOTEL)開業へ、鉄道会社それぞれのインバウンド戦略!


小田急電鉄が良品計画と組み、2017年に中国で「無印良品」をテーマにしたホテルを開業すると、日経新聞が報じている。名前は「MUJI HOTEL」で中国人の訪日観光客拡大につなげる。ブログ内では従来より、羽田空港国際化進展などと京急、日光と東武ホテル、品川駅再開発と西武ホールディングなどを取り上げているが、私鉄各社のインバウンド対策も益々ヒートアップしてきた。

小田急電鉄グループは良品計画と中国に乗り込む 2017年、 「MUJI HOTEL」を開業へ

以下は2016年10月配信内容。

小田急電鉄グループの子会社UDSが企画・設計・運営を手掛け、良品計画が同社の寝具を使い客室などのデザインを監修し、北京に第1号店を出す。良品計画は中国で大成功を収めているかなり稀有な例として株式市場などでも有名で、「MUJI」も既にブランドとして認知されているため、両者のコラボには全く違和感はない。

UDSの国内ホテル運営実績は京都、都内など7店でまだまだ発展途上と言えるが、「日光金谷ホテルを買収予定の東武鉄道がリッツ・カールトンの日光進出を画策!」で取り上げた東武鉄道同様、独自の戦略を展開することになり、今後の行方・結果がが大変注目される。

中国ではセブン&アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカドーが苦戦を余儀なくされている。北京旗艦店の十里堡店については、11月1日に閉鎖することを先ごろ決めた。北京の店舗閉鎖はこれで6店目を数え、百貨店2店舗(ここ数年利益を計上していない)と食品スーパー1店舗を残すのみとなった(株探)。良品計画の成功が極めて稀と言われるゆえんだ。「無印良品」旗艦店、銀座に…MUJIホテルも

追記、小田急関連攻めのニュースフロー

ブログ内ホテル関連人気記事

ブログ内京急・羽田空港関連

京急は山手線新駅(品川新駅、仮称)・品川駅のみならず、京急羽田線で羽田空港とも密接に結びついているため共に添付した。羽田空港国際化の流れは止まらない。

ブログ内JR東日本関連

「東京の玄関口」 東京オリンピック前後それぞれの戦略、日経朝刊が「京急、品川の複合ビル 規模3倍に」との記事掲載」の中で、1.築地、2.浜松町駅、3.田町駅・三田駅、4.山手線新駅(品川新駅、仮称)・泉岳寺駅~品川駅、5.羽田空港・京急、6.横浜ついて整理しているが、ほとんどの部分で関連している。

以下は私鉄関連。

ブログ内東武鉄道関連

ブログ内西武ホールディングス関連