NHK Eテレ「日曜美術館」 熱烈!傑作ダンギ ミケランジェロ(10月23日放映)ヤマザキマリ、茂木健一郎などが魅力を彫り出す!


10月23日(日)、NHK Eテレ「日曜美術館」で「熱烈!傑作ダンギ ミケランジェロ」が放映される。ヤマザキマリ(漫画家)、茂木健一郎(脳科学者)、木下長宏(美術史家)をゲストに迎え、傑作を次々生んだルネサンスの天才の持つ、いまに通じる意外な魅力を彫り出す。

NHK Eテレ「日曜美術館」 熱烈!傑作ダンギ ミケランジェロ(10月23日放映)

巨匠ミケランジェロの圧巻の彫刻「ダヴィデ」、迫力壁画「最後の審判」など傑作から、いまに通じる意外な魅力をテルマエ・ロマエヤマザキマリ(漫画家)茂木健一郎(脳科学者)木下長宏(美術史家)のゲスト3人が彫り出すという内容。どんなユニークな視点を聞けるのか楽しみにしている。

楽天市場 ヤマザキマリの本

アマゾン ヤマザキマリの本 

楽天市場 茂木健一郎の本

アマゾン 茂木健一郎の本 

今回の談議は思わぬ展開。何でも過剰に完璧をめざすミケランジェロが苦手、という漫画家のヤマザキマリさん。どの作品も人間らしさとは何か?と問いかけている、現代的な芸術家と考える脳科学者・茂木健一郎さん、二人がちょっと対立。美術史家の木下長宏さんは、それまでの枠組みでは通じなくなった時代に、自分で考え、試し、美の道を切り開いたミケランジェロこそ、いま輝く芸術家という。傑作を堪能しながら3人が魅力を発見!

<番組終了後追記>

歴史的・美術的な内容は何か新発見があったわけではないが良い復習になった。茂木健一郎氏が言っていた「ミケランジェロ現象」という言葉も久しぶりに耳にし新鮮だった。

ミケランジェロの「ダヴィデ像」は従来のようなあどけない少年の表情で、ゴリアテに勝った後の彫刻に対し、勝負に挑む前の彫刻であるが、ヤマザキマリ氏が主張していたような「力が入っている」という感覚には違和感があった。下記にあるように、私も直接鑑賞したが、戦いに挑む前だが、気負うことなく、自然体で呼吸している感じがした。茂木健一郎氏がIT業界の鼻息の荒い若者のようだとの比喩を使っていたが、これにも違和感があった。そのような鼻息の荒い若者は短期的には旨くいくことはあっても、持続性に関しては首をかしげたくなるケースが多いのではないか。

MoMA STORE

 「国立西洋美術館 世界遺産へ」記念 鑑賞した世界各国美術館と作品(3)イタリア・バチカン市国

以下は全て添付記事に中にある。ミケランジェロの作品を含めてイタリアの主要美術館の代表作品となっている。

フィレンツェ

ウフィツィ美術館 画集あり。

アカデミア美術館

ミラノ

サンタ マリア デッレ グラッツィエ教会 最後の晩餐

最後の晩餐(グラッツィエ教会、ダヴィンチ)
最後の晩餐(グラッツィエ教会、ダヴィンチ)

バチカン市国

バチカン美術館

 
アダムの創造(部分) ミケランジェロ(システィーナ礼拝堂)
アダムの創造(部分) ミケランジェロ(システィーナ礼拝堂)