奈良・春日大社 「国宝殿を10月1日(土)から公開 今年は20年ごとに社殿を新しくする「第60次式年造替(しきねんぞうたい)


奈良・春日大社は、10月1日(土)、国宝殿を開館する。20年ごとに社殿を新しくする「第60次式年造替(しきねんぞうたい)」にあわせて旧宝物殿を増改築し、展示室を一新した。

奈良・春日大社 今年は20年に1度の「式年造替」が60回目を迎える

春日大社は奈良に16ある世界遺産の1つで、私も修学旅行と数年前プライベートで旅行した。最近では鹿とポケモンGOの交わりも報じられていたが、騒ぎは収まったであろうか。

添付記事にあるように、平安時代に奉納された美術工芸品や甲冑(かっちゅう)、刀剣が数多く残り、「平安の正倉院」とも呼ばれる。1973年に完成した旧宝物殿を耐震補強したほか、展示ケースや照明をリニューアルした。開館記念展「春日大社の国宝~千年の秘宝と珠玉の甲冑刀剣を一堂に」が、10月1日~11月27日に開催される。

「式年造替」は、「春日若宮おん祭 7月30日(土)、東京国立劇場で開催」でも書いたが、2013年には伊勢神宮の62回目の「式年遷宮」(20年に1度)出雲大社の60年に1度の大遷宮が同年にあり、新鮮な空気感に触れることができた。今年は春日大社が益々賑わっているのだろう。

2013年は公私ともに忘れられない1年になった