三田 綱の手引坂・日向坂(4)イタリア大使館、オーストラリア大使館、三田共用会議所


イタリア大使館、オーストラリア大使館、三田共用会議所の荘厳で落ち着いた佇まい・歴史も、このエリアの希少性の一旦を担っている。

イタリア大使館

綱の手引坂から南側に少し入ったところに位置し(慶応義塾大学三田キャンパスの裏手)、江戸時代松平隠岐守の中屋敷で、明治維新後は桂太郎首相(1848~1913)や松方正義首相(1835~1924、松方コレクションの松方幸次郎の実の父親)の屋敷を経て、イタリア政府が土地所有権を購入し現在に至る。ブラタモリの三田・麻布(2009年11月放送)で紹介され、ファミリーヒストリーでは元フィギアスケート選手八木沼純子の松方正義の玄孫(母方)ということもありフォーカスされた(2015年9月放送)。

イタリア大使館
イタリア大使館入り口
イタリア大使館側道
趣のあるイタリア大使館(左側)側道

個別マンション整理(過去ブログより)

オーストラリア大使館

日向坂の南側にあり、江戸時代は島津・薩摩藩の市藩で日向・佐土原藩等の屋敷であった。その後、蜂須賀侯爵家屋敷となり、オーストラリア政府が1940年に公使館として借用し、1952年に全敷地を購入した。

オーストラリア大使館
オーストラリア大使館。正面上両サイドにはカンガルーとエミュー。

三田共用会議所

綱町三井倶楽部を経てオーストラリア大使館の麻布十番より隣で位置しており中央省庁が共同で使用する目的で1993年に建造された。以前、元日本銀行総裁の渋澤敬三渋澤栄一の孫)の私邸があった。

三田共用会議所
三田共用会議所

以下、(1)~(10)リスト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です