「マンホールカード」が一部マニアの中で人気が出てると知った、広島東洋カープとのコラボ商品も


産経Bizによると、「マンホールカード」という手のひらサイズのカードが話題になっているとのことだ。実際に各自治体で使われている下水道のマンホールカードのふたのデザインが描かれている。先日、広島東洋カープのコラボグッズを調べていた時出会っていたのだが、完全にスルーしていた。世の中知らないことだらけだ。

「マンホールカード」が一部マニアの中で流行っている

添付記事によると、今年4月からすでに74種類、23万枚が発行されているとのことで、レア度によってはネットオークションで高値で取引されているらしい。静岡県富士市の「富士山」岡山県岡山市の「桃太郎と三匹のお供たち」兵庫県姫路市の「姫路城」など既にPR合戦が始まっている。ふるさと納税のPR合戦が若干不健全になる中、ポケモンGOの地方強化などと共に、地方創生に健全でポジティブな役割を担うといいと思う。

下水道広報プラットホームでマンホールカード発行者一覧が見れる

各HP内で「マンホールカード」と入れ検索できる場合、直接該当ページにリンクされる場合、お知らせ欄に掲載されている場合など様々なだが、配布情報に必ずたどり着けるようになっている。

広島東洋カープxマンホールカードのコラボグッズにもあったが見逃していた

「祝・広島優勝 あらためてチェックしたコラボ商品 ハローキティなどキャラクターからスマホケースなど」で10種類のコラボグッズを取り上げるため調べていた時、目にしていたが、深く見ることなく完全にスルーしていた。昔から、仮面ライダーカード、ウルトラマンカードを集めていた身からすると、人気が出る感覚もよくわかる。以下からカード自体とそのコラボ商品が見れる。葛飾区などでは両津さんマンホールができるのだろうか。

楽天市場 広島東洋カープ マンホールカード

広島市のマンホールカードはこちら

ブログ内広島東洋カープ関連

2016年は「赤」の年 広島セ・リーグ優勝は伊藤若冲ブームと真田丸ヒットで予想できていた!?