高野山真言宗の別格本山、八事山興正寺の前住職80億円不正支出!?問題 現状はいかに?


2016年9月14日、高野山真言宗の別格本山、八事山興正寺(やごとさんこうしょうじ)が罷免された前住職らに約80億円を不正支出したとして、業務上横領と背任容疑の告訴状を名古屋地検に提出した。本日のテレビ朝日「Jチャンネル」が「歴史ある宗派で今何が」との放映。

高野山真言宗の別格本山、八事山興正寺(名古屋市)の前住職ら不正支出!?問題の概要

以下、各メディア報道からの事件!?に関し時系列(新しい方から)内容。詳細は添付記事に譲るが前住職が在任中の2012年から起こっている問題のようだ。前住職が隣接する中京大に貸していた寺の土地約6万6000平方メートルを学校法人に約138億円で売却。高野山側は「宗規に反して無断で売却した」として、2014年に前住職を罷免した。

  • 2016年9月16日、背任容疑で前住職を告訴 名古屋の寺、土地売買巡り

    高野山真言宗の八事山興正寺(名古屋市)の前住職らが約80億円を不正に流用したとして、現住職側が背任と業務上横領容疑で告訴状を名古屋地検に提出したことが16日、分かった。14日付。

  • 2015年11月25日、プレハブ本堂で高野山総本山が法要 罷免の前住職に対抗

    高野山真言宗の総本山金剛峯寺和歌山県高野町)と2年近く対立している、八事山興正寺の真向かいに、総本山は本堂としてプレハブの「興正寺連絡寺務所」を建てた。25日に執行部トップの添田隆昭宗務総長(68)が訪れ、落慶法要を行った。

    <追記、放映内容概要>

  • 上記10畳ほどのプレハブに総本山からの本尊があり、信徒はその狭い場所でお参りしている。
  • ある役員が入ってから、前住職のやることなすことがおかしくなっていった。
  • 番組で30億円を送金したとされている名古屋市のコンサルタント社を訪ねたが、東京都港区に移転していた。港区の住所に行ったが、そこにも会社は無かった。
  • 番組で空海の巻物を5億円で売ったされる、前住職に関連する販売会社に行ったが、存在しなかった。総本山の添田隆昭宗務総長によると5000万円ぐらいのものではないかとのこと。
  • 番組でその他の関連会社に行っても存在せず、前住職の取材等には関係者からのノーコメントのメッセージ。
  • 12月2日に12回目の弁論がある。