無念!神戸開港150周年 x まさかのヒアリ騒動


神戸港は2017年1月1日、開港150年を迎えお祝いムードの包まれていたと思うが、5月26日、尼崎で見つかった「ヒアリ」が一時保管されていた神戸港でも、6月16日、100匹発見されるなどお祝いどころでは無くなってしまった。少しでも早く根絶されるといいのだが。

2017年1月1日に迎えた神戸開港150年 

ブログ内「2017年 150周年事象とイベント(2)神戸開港(プレイベント 松方コレクション展先行開催)」、「NHK「ブラタモリ」が「べっぴんさん」主要舞台の神戸へ!開港150周年の神戸港が登場!」で取り上げたように、今年は神戸開港150周年のお祝いの年だが、まさかの「ヒアリ」騒動により水を差されてしまい大変残念である。

強い毒性を持ち、繁殖力がある「ヒアリ」騒動は様々なメディアで報道(添付記事含め)されているが、6月19日報道ベースでは、「絶対に国内に入れてはいけないナンバーワンの生物」、「これまでに繁殖の母体となる女王アリは見つかっていない」、「女王アリとオスは飛ぶことが可能で、風に乗ると20㎞移動する」などと深刻な展開も否定できない内容となっている。

#2017年の150周年事象とイベントは2017年 150周年事象とイベント(1)全リストに整理。

ブログ内神戸関連