インバウンドシンポジウム(日本政府観光局、日経)& ツーリズムEXPOジャパン(オールジャパン) 9月は観光関連イベントが盛ん!


9月はインバウンド・海外旅行・国内旅行関連のイベントが官民一体となって開催される。2020年の訪日外国人4000万人・インバウンド消費額8兆円という政府目標や東京オリンピック・パラリンピックもあり、インバウンドばかりに注目が集まっているが、観光ビジネス全方位促進の目線は今後も欠かせない。為替動向・テロ広がりの行方は容易にコントロールできない。

インバウンドシンポジウム「観光ビジネス大国へ~実装への課題」

日本政府観光局(JNTO)と日本経済新聞が主催し、観光庁が後援し、2016年9月28日(水)、日経ホールで開催される(13時~17時15分)。詳細は添付HPに譲るが、インバウンドに取り組む国内自治体、民間企業に対し、「観光産業の基幹産業化」、「観光資源の磨き上げと地方創生」等の視点で具体的な成功事例や提言を示すことで、インバウンドビジネスの更なる活性化と裾野の拡大を目指すとのことだ。

ツーリズムEXPOジャパンは世界最大級のプロモーションフィールドでオールジャパンイベント

海外旅行・国内観光需要喚起と海外からの訪日旅行の誘致に向け、官民が一体となり観光立国への動きが進められる中で誕生した。2015年は全国47都道府県、世界から141カ国・地域の出展者が集い、来場者173,602人を誇る世界最大級の観光イベントとして開催。

2016年は、9月22日(木・祝)~25日(日)の4日間(前半2日は業界・プレス日、後半2日間は一般日)、東京ビッグサイトと日本橋界隈で開催する。世界から140を超える国・地域に加えて日本47都道府県、また観光を取り巻く多くの産業が出展する「展示会」ともに、上記の日本政府観光局(JNTO)が主催する「商談会」も、21日(水)~23日(金)に同時開催される。

これら以外にも様々なイベントが企画されていると思われるが、無駄をなるべく排除して、結果を最大化すべくトップダウンでうまく交通整理されているのか、少し気になるところだ。