ジオ四谷荒木町 vs シティハウス四谷津の守坂


「荒木町」という名前に惹かれ、「ジオ四谷荒木町」の建設予定地に行ったところ、新宿通りから靖国通りへ通じる「津の守坂通り」を挟んで向かい側に、住友不動産による「シティハウス四谷津の守坂」を発見した。両物件とも13階建・竣工もほぼ同時期なため、物件情報は限られるがあえてリストに入れた。

優劣ではなく共通点・相違点の基本事実整理

どちらの周辺環境(雰囲気)が好きか・家族構成・通勤場所・引っ越したい時期・建物の大きさ好み・駅からの距離等々、人によって好み・事情は全く違うため、以下、優劣ではなく、共通点・相違点の基礎事実整理をしたい。詳細は各販売者(仲介者)に確認していただきたい。

両物件は荒木町(商店会HPの地図参照)で飲んで、歩いて帰りたい方には最高のロケーションにある。新宿御苑に徒歩13分、明治神宮外苑に徒歩17分。ジオ四谷荒木町にある大銀杏はこのブログのヘッダー画像(三田2丁目綱町三井倶楽部前)同様、シンボリックで気持ちの良いものだ。

今回から、今まで書いてきたマンション整理は末尾に添付せず、「個別マンション整理(過去ブログより)」の中に全て添付してある。個人的な売買経験は「三田 綱の手引坂・日向坂(7)マンション資産価値に対する中長期プロジェクトの効用」に記した。

ジオ四谷荒木町 VS シティハウス四谷津の守坂、(両物件用周辺地図、PCのみ)

*前者は「四谷 津の守坂」のツインプロジェクトの第一弾で、第二弾は別途「ジオ四谷三栄町」(61戸)がある。後者は5月13日(金)にHP開設したばかりで、情報はより限られている。

  • 販売価格と専有面積
    ?(37.7平米~120.3平米) vs ?
  • 住所
    新宿区荒木町5-7(地名地番)13階建(131戸) vs 新宿区三栄町26-1(地名地番)13階建(47戸)
  • 最寄り駅
    東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」 徒歩5分、都営新宿線「曙橋駅」 徒歩6分、JR(中央本線、総武線)・東京メトロ丸の内線・南北線「四ツ谷」駅 徒歩9分 vs  正式広告はないがほぼ同じと考えて良い。
  • 販売開始
    2016年6月下旬 vs ?
  • 建物完成時期予定 
    2018年2月下旬  vs 2018年3月末
  • 管理費・修繕積立費・その他費用
  • 管理方式

  • その他
    四谷で「東京都市計画事業四谷駅前地区第一種市街地開発事業」が進行中 vs 前者と共通事項。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です