福井 永平寺、北陸新幹線、


福井県は訪問したことのない5県の1つだったこともあり、4月26日(火)、金沢駅からサンダーバードで福井駅へ(50分弱)、永平寺のみ観光。

永平寺

福井駅東口から「京福バス永平寺線(急行)」で30分で着く。1244年、道元禅師(1200~1253)によって建設され、横浜市にある大本山總持寺と並ぶ曹洞宗大本山である。フランスの旅行ガイド本「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン(日本編)」で、2つ星(寄り道する価値がある)の評価を獲得しているようだが、金沢(金沢定番旅行)と対照的で当日はインバウンドの方は皆無だった。

傘松閣(さんしょうかく)という大広間の天井に著名画家144名による230枚もの花鳥彩色画が描かれていて圧巻であった。

福井駅のバスは1人貸し切り状態。駅で名物の「ソースかつ丼と越前おろしそばセット」を食べ、サンダーバードで大阪へ向かった(2時間弱、大阪の街で30000歩)。

ブログ内禅関連

北陸新幹線延伸

2023年春、金沢駅~敦賀駅開業予定となっているが、福井駅のポスター(添付写真)にも、「みんなの力で早期開業」とあったように、さらに2年程度の先行開業を目指した検討も始まっている

Glass Gallery 291

今回の旅で永平寺しか行ってないのは大変恐縮だが、私は表参道にあるこのショップで眼鏡を作っている。頑丈でずれも無く、快適に使っている。

由利公正(1829~1909)

不勉強で「平成30年(2018年) 大河ドラマ誘致 主人公に由利公正を!」とのキャンペーンを見て初めて知った名前。福井藩士で坂本龍馬とも懇意で明治4年(1871年)には東京府知事に就任。銀座中央通りには、銀座にレンガ作りの建築物を立て防火対策を強化した功を称え石碑が立っている。明治維新150周年の2018年に「由利公正」が選択される可能性は正直かなり低いと思われるが健闘を祈りたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください