生誕130年記念「藤田嗣治展」名古屋で開催中 兵庫・東京府中は年後半開催(猫作品も多数)


東京では若冲展、ルノアール展が異様な盛り上がりを見せる中、名古屋では「藤田嗣治展」が開催されている。年後半には兵庫県・東京都府中市でも開催される。猫好きにとっても欠かせないイベントだ。

生誕130年記念「藤田嗣治展」概要

藤田嗣治(1886~1968)の芸術の全貌を紹介。国内外主要コレクション、未公開作品を含む150点の代表作が展示される。出店作品リストを見ると、猫作品もたくさんある。東京は何故都心で開催されないのか、違和感あると同時に寂しくもある。

4月29日(金)~7月3日(日) 名古屋市美術館
7月16日(土)~9月22日(木・祝) 兵庫県立美術館
10月1日(土)~12月11日(日) 府中市美術館、HPには110作品とある。

もっと知りたい藤田嗣治(つぐはる)―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

新品価格
¥1,944から
(2016/8/29 13:33時点)

藤田嗣治画文集 「猫の本」

新品価格
¥3,240から
(2016/8/29 13:33時点)

限定版・藤田嗣治画集ボックスセット 特製複製画付

新品価格
¥32,400から
(2016/8/29 13:34時点)

藤田嗣治と猫

島崎藤村与謝野鉄幹晶子藤田嗣治らが住み暮らしたことを記念する番町文人通りはじめ周辺をじっくり歩いてみたい。先日、近くまで行ったが寄る時間が無かった。

映画「FOUJITA」は見逃してしまったので、DVD化されるか、テレビで放映されたら観たい。

「世界に誇る日本人芸術家の作品を結集したシンボリックな美術館を東京に創設できないか」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です