「櫻井・有吉THE夜会」(10月27日)でローラがフラッシュモブ に挑戦!


10月27日(木)、TBS「櫻井・有吉THE夜会」でローラがフラッシュモブに挑戦する(録画なので実際には、「した」)。海外のみならず、国内でもこの数年、テレビドラマ、CM、各種プロモーションなどで企画されている他、多くのプライベート企画もあるようだが、残念ながら一度も参加したことはない。最も遭遇するフラッシュモブはリアル・マリオカートだ。

フラッシュモブとは?

今まで、ドラマやCM(ALSOKは有名)含め様々なシーンで見てきたが、あらためて調べたことはなかった。添付Wikiによると、「インターネット上や口コミで呼びかけた不特定多数の人々が申し合わせ、雑踏の中の歩行者を装って通りすがり、公共の場に集まり前触れなく突如としてパフォーマンス(ダンスや演奏など)を行って、周囲の関心を引いたのち解散する行為」とある。人気化すると同時に、トラブルも増えているようなので、マナー遵守は必要だ。

個人的に最も印象的だったのは、2009年、マイケル・ジャクソンが亡くなった後に世界中で相次いでいるマイケルに捧げるフラッシュモブだ。ロンドン滞在時、ウェンブリーでのコンサートで熱狂した経験があるだけに、今でも国内含めて毎年、どこかで誰かが参加している画像を楽しんでいる。

最も遭遇するフラッシュモブはリアル・マリオカートだ

リアル・マリオカートのフラッシュモブは私に限らず、多くの方が最も頻繁に遭遇しているのではないだろうか。MARICARというレンタルやさんが隣の品川区にあるので、マリオとルイージにコスプレして団体で走り回る姿に、2~3週に一度は遭遇する。添付HPによると、「マリカーでは、普通免許で運転できる一人乗りの公道カートのレンタルや観光ツアーを提供しています。独自に高速化チューニングを行い、カーナビ、サウンド音響、無線機、アクションカメラ、レンタルコスプレなど、オプションも多数ご用意。注目度は圧倒的で街中を走るだけなのに有名人になった気分。みんなで日本一の公道カート「マリカー」を楽しんじゃってください!!ぜひ日本最大級のマリカーに遊びに来てください!」とのことだ。

フラッシュモブは録画で放送するのは限界が

残念だが、すでにネットではローラが船橋ららぽーとでトランペットを持っている姿が出回っている。フラッシュモブの性格上避けられない企画だといえる。ご本人にとっての番組出演目的は12月23日公開の映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」の宣伝!?だとしたら、問題ないだろうが。

<実際に番組を見て>

変装したローラのトランペットからスタートし、オーケストラの人数が次第に増え、最後には70人以上になったところで、ローラが正体を表すという流れであった。テレビだと音の拾い方が雑だったが、テクニカル上仕方ないのかもしれない。その場で聴いたらきっと心地よく耳に響いたのだと思う。ローラとしては自分がクラシックが大好きで、もっと若者にクラシックの良さを知ってもらいたいとの目的があったようだ。