エッジコンピューティング関連ニュースフロー・記事一覧 x 5G


2018年4月2日、日経新聞朝刊に「IOT分野でエッジコンピューティングという考え方が新たな潮流になる」という記事が掲載された。超低遅延、超高速通信が可能な5Gでは、さらに進化したエッジコンピューティングの使い方が可能になる。

エッジコンピューティングは、クラウドだけに頼ることなく、エッジ側で主要な演算処理を行うシステム構成

2018年4月2日日経朝刊に、「遠く離れたクラウドにデータを集中させるだけでなく、工場などの現場でも処理する。あらゆるものがネットにつながるIoTの分野で、エッジ(末端)コンピューティングという考え方が新たな潮流になりつつある。車やロボットなどの情報を近くで処理し、反応速度を高めるためだ。クラウドとエッジの使い分けが、企業の競争力にも直結する。」という記事が掲載された。

様々な企業が関わっていると思われるが、会社四季報オンラインで「エッジコンピューティング」を検索してみると、まだ四季報の中のコメント欄にも表れてないことがわかる。

以下の豆蔵ホールディングス(3756)のニュースフローを読むと、クラウド側だけにAI機能が偏ると、(1)通信量・データ容量の増大、(2)処理遅延(リアルタイム性の低下)、(3)システムの信頼性・頑健性低下、(4)電力消費の増大、といった問題があり、これらを解決し実用的にAI/IoT技術を社会実装するための方法論として、近年「エッジコンピューティング」が注目されていると書かれている。

5G(第5世代移動通信)関連ニュースフロー・記事一覧」で取り上げていた超低遅延、超高速通信が可能な5Gでは、さらに進化したエッジコンピューティングの使い方が可能になる。

エッジコンピューティング関連ニュースフロー・記事一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です