祝・伊東豊雄氏に国際建築家連合(UIA)のゴールドメダル決定!

新国立競技場建設にあたり隈研吾氏の後塵を拝した伊東豊雄氏に国際建築家連合(UIA)のゴールドメダルが授与される。槙文彦氏、安藤忠雄氏に続き、日本人で3人目となる。
“祝・伊東豊雄氏に国際建築家連合(UIA)のゴールドメダル決定!” の続きを読む

隈研吾氏 「小さな建築展」開催、日本・デンマーク外交関係樹立150周年交流推進事業

台東区では、2017年日本・デンマーク外交関係樹立150周年を契機に交流推進事業を実施している。隈研吾「小さな建築展」は浅草文化観光センター及びデンマークアンデルセン博物館の設計者である建築家・隈研吾氏の設計コンセプトを主要なテーマとした展示会及び講演会だ。
“隈研吾氏 「小さな建築展」開催、日本・デンマーク外交関係樹立150周年交流推進事業” の続きを読む

2017年 150周年事象とイベント(8)日本・デンマーク外交関係樹立

2017年は、1867年の日デンマーク修好通商航海条約の締結による外交関係樹立から150周年にあたる。昨年のイタリア・ベルギーに継ぐ150周年だが、日々の様々なニュースの中で埋もれがちになってしまうのは残念だ。
“2017年 150周年事象とイベント(8)日本・デンマーク外交関係樹立” の続きを読む

えっ また!隈研吾氏が全日空国内線ラウンジの順次改修を監修へ!

全日空は2017年2月21日(火)、新国立競技場、山手線新駅などの設計を手掛ける隈研吾氏の監修により、国内線ラウンジを順次改修すると発表した。
“えっ また!隈研吾氏が全日空国内線ラウンジの順次改修を監修へ!” の続きを読む

隈研吾設計の根津美術館で「染付誕生400年」を鑑賞

2017年2月19日、南青山の根津美術館で開催されている「染付誕生400年」展の最終日に行った。現在の根津美術館は隈研吾氏による設計で、帰りは同氏に設計された南麻布の「分とく山」の前を通り家路についた。 “隈研吾設計の根津美術館で「染付誕生400年」を鑑賞” の続きを読む

「獺祭」銀座 旭酒造が初の路面店出店、隈研吾氏が内装担当!、安倍首相も行きつけに!?

日本酒「獺祭」を製造販売する旭酒造が2016年11月23日、銀座に初の路面店をオープンする(日経朝刊)。既に山口県岩国市の獺祭ストア本社蔵リニューアルオープンを手掛けた隈研吾氏が、銀座店の内装も担当。和」といえば同氏が登場する様相を呈してきた。2014年のオバマ米大統領来日時には、本籍地・選挙区が山口県にある安倍首相が「獺祭」をプレゼントしている。 “「獺祭」銀座 旭酒造が初の路面店出店、隈研吾氏が内装担当!、安倍首相も行きつけに!?” の続きを読む

有田焼創業400年記念イベント(六本木ヒルズ 森美術館)にまで隈研吾氏作品が登場!

10月9日(日)、六本木ヒルズ 森美術館で「宇宙と芸術展」に行ったが、同じフロアで「有田焼創業400年関連の展覧会も開催されていた。その中のプロジェクトの1つとして、4人のクリエーターとのコラボ作品コーナーがあったが、奥山清行氏(工業デザイナー)、ビートたけし氏、佐藤可士和氏(クリエイティブディレクター)と共に、隈研吾氏の名前もあった。 “有田焼創業400年記念イベント(六本木ヒルズ 森美術館)にまで隈研吾氏作品が登場!” の続きを読む

隈研吾氏 築地にも現る!築地KYビル改装のデザイン・設計を手掛ける

2000年から約10年築地に住んでいたことにより、晴海通りと新大橋通りの築地4丁目交差点の一角を占める築地KYビルには大変お世話になった。新国立競技場・山手線新駅(品川新駅、仮称)などを手掛ける隈研吾氏がまたまた改装のデザイン・設計を担当する。 “隈研吾氏 築地にも現る!築地KYビル改装のデザイン・設計を手掛ける” の続きを読む

新国立競技場の今(2016年9月14日) 千駄ヶ谷の東京体育館裏からスマホで撮影

本日、新宿駅から大江戸線に沿って国立競技場駅まで歩く機会があった。千駄ヶ谷駅前の東京体育館の裏から全体が撮れたので記録しておく。 “新国立競技場の今(2016年9月14日) 千駄ヶ谷の東京体育館裏からスマホで撮影” の続きを読む

山手線新駅開業に向けての記録(4)「品川開発プロジェクトにおける品川新駅(仮称)」としてJR東日本が概要を発表、隈研吾がまた登場!

JR東日本が、「品川開発プロジェクトにおける品川新駅(仮称)の概要を発表した。「本開業は、2024年頃の街びらき時を予定しています。2020年春に暫定 開業を予定しており、駅正面付近においてはイベント等の開催も検討しています。」と今までの計画を踏襲している。驚いたのは、新国立競技場の設計も担当する隈研吾がデザインアークテクトとして、2014年から設計作業に関わっていたことだ。時間軸的には前者のほうが後だが。 “山手線新駅開業に向けての記録(4)「品川開発プロジェクトにおける品川新駅(仮称)」としてJR東日本が概要を発表、隈研吾がまた登場!” の続きを読む