キャピタルマークタワー vs 芝浦アイランドグローブタワー


先週、芝浦アイランドを代表し、竣工時期もほぼ同じの分譲用2大タワーマンション「中古、2016年10月1日、芝浦アイランドケープタワー vs 芝浦アイランドグローブタワー」を取り上げた。芝浦アイランドではないが同じ芝4丁目にもう一つ代表的なタワマンの最上階と比較してみた。

優劣ではなく共通点・相違点の基本事実整理

どちらの周辺環境(雰囲気)が好きか・家族構成・通勤場所・引っ越したい時期・建物サイズの好み・駅からの距離等々、人によって好み・事情は全く違うため、以下、優劣ではなく、共通点・相違点の基礎事実整理をしたい。詳細は各販売者(仲介者)に確認していただきたい。主として新聞折り込み広告もしくはHPから抜粋。

先週取り上げた「中古、2016年10月1日、芝浦アイランドケープタワー vs 芝浦アイランドグローブタワー」(両者とも坪単価約341万円)のうち、「芝浦アイランドグローブタワー」が「田町駅」徒歩8分と同じ、階数も近いこともあり比較してみた。

坪単価は前者が約389万円、後者が約341万円だ。前者が1年新しく47階と最上階であるが、後者も49階建44階と大差があるわけでない。今回の整理で芝浦の「田町駅」徒歩10分圏内のタワマン高層階の水準は坪単価約350万円前後であることがラフに見えてきた。前者のほうが山手線新駅に近い立地にあるが、最寄り駅が田町駅であることにはかわりがない。山手線新駅に関しては、直近で「山手線新駅開業に向けての記録(7)名前は何がいい?」を取り上げた(1~6も添付)。

「中古、2016年8月20日、ワールドシティタワーズアクアタワー vs ザ・パークハウス晴海タワーズ クロノレジデンス」の前者は同じ山手線外側でより古いが、坪単価約15%以上高いが利便性も良いとは言えず、芝浦アイランドが過小評価されているかもしれない。田町駅東口では再開発計画も進行中(高輪 山手線新駅・品川駅再開発(8)田町駅東口北地区地区計画)。

ブログ内芝浦関連

過去に書いてきた分は「個別マンション整理(過去ブログより)」の中に全て添付。個人的な売買経験は「三田 綱の手引坂・日向坂(7)マンション資産価値に対する中長期プロジェクトの効用」に記した。

キャピタルマークタワー 芝浦アイランドグローブタワー

販売価格と専有面積

1億2280万円(104.24平米、約31.59坪、約389万円/坪)

販売価格と専有面積

8400万円(81.53平米、約24.66坪、約341万円/坪)

港区芝浦4-10-1 47階建47階(869戸)

港区芝浦4-21-1
49階建44階(833戸)

利用駅

JR山手線・京浜東北線「田町駅」徒歩8分、都営浅草線・三田線「三田駅」徒歩9分

利用駅

JR山手線・京浜東北線「田町駅」徒歩8分、都営浅草線・三田線「三田駅」徒歩10分

 販売予定時期

中古

販売予定時期

中古

 竣工 2007年10月

竣工 2006年11月

 管理費・修繕積立費・その他(月)

24200+17300=41500円

 管理費・修繕積立費・その他(月)

22260+8560=30820円

その他

眺望抜群!最上階

その他

南東向き。レインボーブリッジ眺望。