Brillia(ブリリア) 高輪 The House vs アトラス白金高輪


両者とも2018年竣工の低層階物件。前者の最寄りは「品川駅」、後者が「白金高輪駅」だ。販売価格など詳細は未定だが現段階情報を整理した。


優劣ではなく共通点・相違点の基本事実整理

どちらの周辺環境(雰囲気)が好きか・家族構成・通勤場所・引っ越したい時期・建物サイズの好み・駅からの距離等々、人によって好み・事情は全く違うため、以下、優劣ではなく、共通点・相違点の基礎事実整理をしたい。詳細は各販売者(仲介者)に確認していただきたい。主として新聞折り込み広告もしくはHPから抜粋。

前者は「高輪 山手線新駅・品川駅再開発(1)概要とJR東日本」などで取り上げた「品川駅高輪口」から徒歩8分で高輪4丁目に位置。「山手線新駅」に近い高輪2~3丁目に比較すると乏しいが、オリンピック後に向けて十分な変化が見込める場所だ。

高輪アドレスにはある程度の規模をもった新築マンションがないが、残念ながらこの物件も14戸のみということだ。この周辺については上記添付の(1)~(10)に詳しいが、この地域に100平米超の部屋を確保できたのは貴重だ。ただし、完全な登り道。

#港南口では「新築、2017年8月1日、ブリリア品川キャナルサイド  品川駅港南口へ徒歩10分(北品川駅は6分)」が2018年10月竣工予定となっている。

Brillia(ブリリア)-高輪
Brillia(ブリリア)-高輪。先が品川駅方面。
品川駅からマンションへ登る道
品川駅からマンションへ登る道
品川駅へ下る道。左側がマンション敷地。
品川駅へ下る道。左側がマンション敷地。

三田5丁目は高級感のある三田1~2丁目と比較すると雰囲気は全く違うが、後者は「白金高輪駅」徒歩6分と利便性は悪くない。「白金高輪駅」のシンボルタワーは「中古、2016年6月18日、白金タワー vs パークコート麻布十番ザ・タワー」の前者で、「新築?2016年8月8日、白金高輪駅徒歩1分 高輪1丁目元BIGI本社ビル 三菱地所レジデンスが解体工事へ」で取り上げた物件が徒歩1分のところにある。

アトラス白金高輪。2017年8月24日撮影。

ブログ内高輪アドレスマンションなど

今まで書いてきた分は「個別マンション整理(過去ブログより)」の中に全て添付。個人的な売買経験は「三田 綱の手引坂・日向坂(7)マンション資産価値に対する中長期プロジェクトの効用」に記した。

Brillia(ブリリア) 高輪 The House アトラス白金高輪

販売価格と専有面積

未定

#専有面積65.83平米~109.16平米

 

販売価格と専有面積

未定

#専有面積31.29平米~132.45平米

 港区高輪4-27番6、67(地番) 5階建(14戸)

港区三田5-13番2他
8階建(72戸)

 

利用駅

JR各線「品川駅」徒歩8分、都営浅草線「高輪台駅」徒歩10分

利用駅

東京メトロ南北線・都営三田線「白金高輪駅」徒歩6分

 販売予定時期

2017年2月下旬

販売予定時期

2017年1月上旬事前案内会開催予定

 竣工 2018年6月下旬予定

竣工 2018年2月下旬予定

 管理費・修繕積立費・その他(月)

 

 管理費・修繕積立費・その他(月)

 

その他

全邸角住戸、標高24メートルの高台

その他