「ビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展」のオフィシャル・サポーター ディーン・フジオカが「徹子の部屋」に登場


「ビアトリクス・ポター生誕150周年ピーターラビット展」のオフィシャルサポーター ディーン・フジオカが「徹子の部屋」に出ていた。現在、渋谷のBunkamuraで開催中だ。

ピーターラビット展」がBunkamuraで開催中

 

ロンドン滞在時、ロンドン生まれのイギリス絵本作家ビアトリクス・ポター(1866~1943)が少女時代家族と訪れ、後に農場を購入した湖水地方に旅行し、ウィンダミア湖とともに、ニア・ソーリーのヒル・トップ農場を訪れ、ロンドン駐在の慌ただしい毎日からの解放感に浸った良い思い出がある。それゆえ、懐かしさも手伝って、5月に「ビアトリクス・ポター生誕150周年 Bunakamura」を書いておいた。

ピーターラビットのすべて: ビアトリクス・ポターと英国を旅する

新品価格
¥1,728から
(2016/8/29 12:32時点)

3Dローズ Florene チルドレンアートII ‐ ピーターラビットの物語からのビンテージデッサン – 壁時計 – 約25 x 25cm (10 x 10インチ) 壁時計 – dpp_101812_1 (並行輸入)

新品価格
¥12,719から
(2016/8/29 12:34時点)

ピーターラビットの絵本 全24巻 贈り物セット

新品価格
¥18,360から
(2016/8/29 12:35時点)

8月9日(火)~10月11日(火)の日程で開催中だ。オフィシャルサポーターのディーン・フジオカが宣伝を兼ねて、「徹子の部屋」に出演していた。湖水地方を訪ねて、ピーターラビットの世界を体感してきたようだ。今年はスヌーピーミュージアムが、ピーナッツ65周年記念イベントとして、2016年4月23日(土)~9月25日(日)と開催されて活況を呈しているが、ピーターラビットのほうも頼もしい宣伝部長がついており、益々人気化しそうだ。
ディーン・フジオカが「ピーターラビット展」のオフィシャルサポーターとして記者会見開催、3月31日

過去のブログ内ピーター・ラビット関連

2016年 150周年事象とイベント(4)ビアトリクス・ポター生誕150周年」、Bunkamuraのイベント以外も掲載
ビアトリクス・ポター生誕150周年 Bunakamura