鳥インフルエンザ「H7N9」型関連ニュースフロー整理とアゼアス


2018年11月3日、NHKが中国などで1500人以上に感染し、600人以上が死亡した「H7N9」型と呼ばれる鳥インフルエンザのウイルスについて報じ始めた。

鳥インフルエンザ「H7N9」型ウィルスの脅威

ブログ内では2016年11月、「鳥インフルエンザに関しての国内外ニュースフローに注意」で鳥インフルエンザについて以下のように「H5N1」型ウィルスの脅威について掲載した。「今のところ一般の人に感染する危険性は極めて低いが、ヒトインフルエンザウイルスと混じり合い、人の間で感染(ヒトヒト感染)する能力を持つウイルスが生まれる(変異する)ことが懸念されている。将来、それが爆発的感染(パンデミック)を引き起こす可能性がある。」とある。

2018年11月3日、NHKが報じ始めた内容は今まで警戒され、国としてワクチンも備蓄してきた「H5N1」型ウィルスに替わって、主に中国で5年間に1500人余りに感染して600人以上が死亡し、「H5N1」型の20年間の感染者の2倍程度に達している「H7N9」型と呼ばれる新しいウイルスの備蓄を増やしていくというものだ。

鳥インフルエンザでは、飛まつで拡散するタイプのウイルスが確認されたのは初めてで、専門家は新型インフルエンザのウイルスに変化して、世界的な流行を引き起こすおそれがあるとして警戒しているとのことだ。厚生労働省でも「H7N9 Q&A」を掲載している。

以下、新たな脅威がクローズアップされたことで、再び鳥インフルエンザ関連ニュースフローを整理していく。さらに、ブログ内でも新型インフルエンザのような未知の感染症に対応する防護服(マスク・手袋など一式を含む)を手掛けるアゼアスについてなど鳥インフルエンザ関連記事も掲載する。防護服はアスベスト除去を行う解体現場や、ダイオキシンPCB処理の現場、化学物質・化学薬品を扱う工場や研究所などでも活用されている。

 

鳥インフルエンザ関連ニュースフロー

ブログ内鳥インフルエンザ関連


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください