高輪 山手線新駅・品川駅再開発(6)泉岳寺と赤穂浪士

赤穂浪士の墓所で有名な泉岳寺抜きにはこのエリアは語れない。高輪居住時、その前を通り泉岳寺駅から通勤していた。エリア全体の地図はこちら(PCのみ)。 “高輪 山手線新駅・品川駅再開発(6)泉岳寺と赤穂浪士” の続きを読む

高輪 山手線新駅・品川駅再開発(5)交通インフラ

空港、鉄道、道路ともこのエリアの価値を左右する変化となるプロジェクトが目白押しだ。 “高輪 山手線新駅・品川駅再開発(5)交通インフラ” の続きを読む

高輪 山手線新駅・品川駅再開発(4)西武ホールディングス

西武ホールディングスは品川駅高輪口で日本アカデミー賞やFNS歌謡祭の開催場所でも有名なグランドプリンスホテル新高輪、グランドプリンスホテル高輪、品川プリンスホテル、ザ・プリンスさくらタワー東京の4つのホテルを保有している。

“高輪 山手線新駅・品川駅再開発(4)西武ホールディングス” の続きを読む

高輪 山手線新駅・品川駅口再開発(3)京急

主要当事者であるJR東日本のみならず、このエリアにオフィスビル・商業施設・ホテルを幅広く保有し、品川・羽田空港・横浜に交通網を張り廻らず京急にとっては創立以来最大のビジネスチャンスが控えている。エリア全体の地図はこちら

“高輪 山手線新駅・品川駅口再開発(3)京急” の続きを読む

高輪 山手線新駅・品川駅再開発(2)主要当事者整理

大プロジェクトの成功には主要当事者間の連携が欠かせない。以下、国、東京都、港区、JR東日本、京急、西武ホールディング、JR東海の役割だ。 “高輪 山手線新駅・品川駅再開発(2)主要当事者整理” の続きを読む

高輪 山手線新駅・品川駅再開発(1)概要とJR東日本

高輪は港区の南端にあり1丁目~4丁目からなる。戦国時代の軍記物語の中に「高縄原」と書かれていたことに由来。高縄とは高台にあるまっすぐな道を意味する。エリア全体地図はこちら(PCのみ)。 “高輪 山手線新駅・品川駅再開発(1)概要とJR東日本” の続きを読む

三田 綱の手引坂・日向坂(10)周辺マンション

三田・麻布十番という異なるタイプの街を楽しめる生活利便性は所与として、歴史・由緒ある価値に、短期、長期で起こりうるポジティブな変化による価値の上乗せが期待される。 “三田 綱の手引坂・日向坂(10)周辺マンション” の続きを読む

三田 綱の手引坂・日向坂(9)周辺マップ

綱の手引坂・日向坂は夏、三田納涼カーニバルで活気づく桜田通り(国道1号線)の三田1丁目信号から、綱町三井倶楽部、オーストラリア大使館、三田共用会議所を経て、首都高2号目黒線の高架(下には古川)をくぐり、都道415線高輪麻布線の二の橋へと続いている。以下、充実した周辺インフラ。エリア全体地図はこちら (PCのみ) 。

“三田 綱の手引坂・日向坂(9)周辺マップ” の続きを読む

三田 綱の手引坂・日向坂(8)中長期プロジェクト(三田3丁目・4丁目、三田3丁目、三田小山町)

新築マンション主要選択基準の3つ目が、周辺環境にポジティブな変化が期待される、という点であり、前回、築地、高輪での経験を書いたが、今回は三田 綱の手引坂・日向坂エリアにとっての中長期の変化に着目。綱の手引坂から徒歩5~15分圏内のプロジェクト“三田 綱の手引坂・日向坂(8)中長期プロジェクト(三田3丁目・4丁目、三田3丁目、三田小山町)” の続きを読む

三田 綱の手引坂・日向坂(7)マンション資産価値に対する中長期プロジェクトの効用

新築マンション主要選択基準の3つ目が、周辺環境にポジティブな変化が期待されるという点であり、今回は脱線して、新築マンション売買を通じての経験を述べたい。 “三田 綱の手引坂・日向坂(7)マンション資産価値に対する中長期プロジェクトの効用” の続きを読む