(仮称)青山一丁目プロジェクト (Sunwood)「青山一丁目駅」徒歩3分!


Sunwoodによる「(仮称)青山一丁目プロジェクト」は青山通り、外苑東通りより1本奥に入り、「青山一丁目駅」徒歩3分の好立地に計画されている。供給戸数は残念ながら12戸のみ。

(仮称)青山一丁目プロジェクト

東京ミッドタウン、国立新美術館あたりまでは自宅からの散歩圏内で、外苑東通り沿いのミッドタウン、乃木坂駅を超えて、青山通り沿いの青山一丁目駅ぐらいまでは真夏でなければたまに歩く。

その外苑東通りから東へ、青山通りから南へ1本入ったところに、「(仮称)青山一丁目プロジェクト」が位置する。カナダ大使館に近接し、「青山一丁目駅」に徒歩3分だ。青山通りを渡ると赤坂御用地が広がる。新国立競技場、神宮球場なども徒歩圏内にある。

9階建てで専有面積77.10m²〜154.45m²とあるが、残念ながら供給戸数は12戸のみとなる。個人的には青山・赤坂・六本木は住宅地としては自分の好みではないが、世の中的には需要がある人気エリアであるのは間違いないし、散歩コースとしては好きなエリアだ。

外苑東通りに平行する1本西側の通り(青山墓地、都立青山公園沿い)には同じく「青山一丁目駅」徒歩3分の「新築、2016年6月4日、パークコート青山 ザ タワー 販売価格未定もかなり高くなりそうだ」がある。

外苑東通りを東京ミッドタウン方面に行くと、「乃木坂駅」徒歩2分に、「新築、2017年8月31日配信、パークコート乃木坂 ザ タワー 「乃木坂駅」徒歩2分&「東京ミッドタウン」徒歩5分」がある。

因みにブログ内不動産関連で比較感注目度の高い記事は以下の3本だ。

今まで書いてきた分は「個別マンション整理(2016)個別マンション整理(2017)の中に全て添付。個人的な売買経験は「三田 綱の手引坂・日向坂(7)マンション資産価値に対する中長期プロジェクトの効用」に記した。

 

(仮称)青山一丁目プロジェクト

販売価格と専有面積

9階建て12戸

専有面積77.10m²〜154.45m²

港区赤坂8丁目153番(地番)

利用駅

東京メトロ半蔵門線・銀座線、都営大江戸線
「青山一丁目駅」徒歩3分

販売予定時期

2017年9月9日特別案内会開始

竣工 2018年12月下旬予定

 管理費・修繕積立費・その他(月)

 

その他


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です