米エアビーアンドビー(Airbnb) 日本での民泊経済効果推計5207億円と昨年末推計の2200億円から急増


民泊仲介サービスを運営する米エアビーアンドビーは、6月15日(水)、日本における2015年の民泊宿泊客が支払う宿泊客や観光費用などの経済効果が年間5207億円と試算したと発表。民泊に関しての規制緩和促進に向けアピールしている格好だ。

米エアビーアンドビー(Airbnb) 2015年、日本での民泊経済効果推計5207億円

同社は昨年末に約2220億円と発表したが、他者と協業しての調査で、今回は単独調査で、調査期間も異なるとのこと。経済効果の定義は宿泊料、宿泊者の観光費用、ホストが得た収入で実施した消費活動という点は変更ない。

詳細は添付記事に譲るが、日本のホストと実態も初めて明らかにした。宿泊料で得る年間収入は約122万円、平均年齢37歳、一般的な貸し出し回数101回などとなっている。世界各地の民泊に関する法規制の状況も同時に紹介している。

過去のブログ内ホテル・民泊関連

JTB決算とエアビーアンドビー・CCC 民泊で事業提携
民泊営業の行方は? エアビー(民泊業界) vs ホテル・旅行業界
民泊 旅行予約サイト ブッキング・ドットコム(オランダ)が東京都大田区で実証実験
民泊 営業日数上限、厚生労働省・観光庁 結論先送り
虎ノ門 ホテルオークラによるオフィスビル運営 オリンピックに向け着々と準備
ホテル容積率 国土交通省が地方自治体に緩和を要請
米電子決済大手ペイパル インバウンド対策で日本旅館協会と提携


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です